その他

【初心者向け】メンズにオススメしたい香水10選!人気ブランドを中心にご紹介!

ファッションを「身に着けるもの」と定義したとき、服やアクセサリーと並んで欠かすことが出来ないのが香水です。
しかし、女性では香水でなくともヘアオイルやボディクリームなどを通じて何らかの香りを身にまとっていることがほとんどなのに対し、日本の男性を見渡すと未だ香水をつけるのはごく一部の人に限られているのが現状です。

しかし、だからこそ香水を纏うことでメンズは簡単に周囲との差別化が可能
また、周囲へのささやかな自己主張だけでなく、ここぞというときに香水をひと吹きすることで自分を奮い立たせたりリフレッシュしたりすることも可能です。

ただ、ひとくちに香水といっても星の数ほどある中から初心者が自分に合ったものを選ぶのは至難のわざ。
そこで今回の記事では、香水初心者のメンズに向けて、3ブランド、3種類ずつ、そして番外編1つの計10種をピック。
それぞれシチュエーション別にオススメの香水をご紹介致します。

■ブランド① メゾン マルジェラ


出典:shesintheglow

メゾン マルジェラ(Maison Margiela)は1988年創業のファッションブランド。
ベルギー出身のデザイナー、マルタン・マルジェラはその服作りに際して「オーバーサイズ」、「インサイドアウト」といった革新的な製法を次々に取り入れ、のちの多くのデザイナーやファッションブランドに多大なる影響を与えました。

日本のとび職人を見たマルタンが思いついた「タビ・シューズ」や、両サイドのジップポケットを斜めに長く伸ばした「ハの字ライダース」といったアイコニックなアイテムも多数制作した同ブランド。
以前から服好きから絶大な人気を誇っていましたが、近年メジャーシーンでもマルジェラ人気が非常に高まっています。

そして、服飾と並んでマルジェラの代用的なアイテムといえば香水類。
マルジェラが訪れた世界各地の思い出を香りの「レプリカ」として再現した香水シリーズは多くのファンから愛されています。
当ブログでもこれまでにポップアップストアの入店レビューやオススメ香水などをご紹介しておりますが、今回はその中でも以下の3つにフォーカスしてご紹介致します。

・万人受けする王道な香り:レイジー サンデー モーニング


出典:maisonmargiela-fragrance

「マルジェラの香水」というカテゴリのみならず、日本でトップクラスに人気な香水といえばこのレイジー サンデー モーニング(Lazy Sunday Morning)
その名の通り少し気だるい日曜日の朝を表現したこの香水はウィメンズ向けながらメンズでも全く問題なく使える出来栄え。
ベッドリネンの香りやホワイトムスクを感じさせる香りは、嫌味なく爽やかで万人受け間違いなしです。

・フローラル/フルーティな香り:スプリングタイム イン ア パーク


出典:maisonmargiela-fragrances

本香水は上海のオフィス街の中にある公園をイメージした、洗練された都会風の香り。
ベルガモットやジャスミン、洋梨の香りとともに、ほのかなローズとムスクを合わせています。
スプリングタイム イン ア パーク(Springtime in a Park)の名の通り、春の時期にこそつけていたい逸品です。

・男性的ですっきりとした香り:アット ザ バーバー


出典:maisonmargiela-fragrances

アットザバーバー(At The Barber’s)は理髪店の独特の香りを表現した、マルジェラらしいコンセプチュアルな1本。
スパイシーでメンズ向けなこの香水はマドリードの古き良き理髪店、ヴィンテージの革の椅子、アロマティックな石鹸の泡などからイメージ。

秋冬時期の大人男子のコートスタイルや、フォーマルなスーツスタイルにぴったりです。
大事なプレゼンや商談の前など、清潔感や自信を見せたい時にもオススメかもしれません。

■ブランド② エルメス


出典:perfumediary

エルメス(Hermès)といえば、ファッションブランドの帝王として老若男女問わず絶大な人気と知名度を誇っているブランド。
アイテムによってはルイ・ヴィトンやグッチといったトップブランドと比較しても桁がひとつ違う価格感でアイテムをリリースしています。

また、過去には前述のマルタン・マルジェラがデザインを手掛けていた時期もあり、マルジェラ期と呼ばれるその時代のエルメスのアイテムはファッションフリークからいまだに高い人気を誇っています。
ファッション感度の高い人たちも思わず背筋を伸ばしてしまうような高級感をもったエルメスですが、香水ラインは価格帯も比較的他ブランドと遜色無いため非常にオススメ。
その中でもシチュエーション別に以下3つをピックアップしました。

・万人受けする王道な香り:ナイルの庭


出典:hermes

エルメスの数ある香水の中でも最も知名度と人気を誇るのがこのナイルの庭です。
ナイル川流域の川面に浮かぶ島にインスパイアされたこのオードトワレは、グリーンと水辺を感じさせるフレッシュな香りにほのかなフルーツを漂わせた香水です。

・フローラル/フルーティな香り:李氏の庭


出典:hermes

エルメスの「庭園のフレグランス」シリーズの中でも近年人気が高まっているのがこの李氏の庭です。
ジャスミン、金柑、そして樹液の香りを居m4エージしたこの香水は中国の庭園からインスパイア。
そのオリエンタルな香りは同じ東アジアに住む日本人からも受け入れやすいはずです。

・男性的ですっきりとした香り:h24


出典:hermes

2021年にリリースされたばかりのエルメスのメンズフレグランスh24は、フレッシュな男らしさを出すのにぴったりの香水です。
エルメスの調香師クリスティーヌ・ナジェルがメンズ服の繊細で立体的な手触りをイメージしたこのフレグランス。
干し草、ハーブ、スイセン、そしてローズウッドの香りは都会のビジネスマンのスーツスタイルにピッタリの香水です。

■ブランド③ ルラボ


出典:potpourriofwhatever

これまでの2ブランドと違い、最後にオススメするのは香水専門のブランド「ルラボ(LELABO)」です。
買ったその場で調合・瓶詰めをしてくれるフレッシュな販売方法が話題を呼び、直近では路面店に入店待ちの行列が出来るほどの人気を誇っています。

最高級の素材を使い、香水専業ブランドならではのクオリティを誇るだけに、ルラボの香水の値段感はちょっと高め。
アイテムにもよりますが他の高級ブランドの香水の2~3倍は覚悟した方が良いでしょう。

しかし、その敷居の高さは周りとの差別化ポイントと考えれば我慢できるかも。
道行く人が振り返るほどの洗練された香りと、部屋に置いておくだけでインテリアになる洗練されたボトルデザインは1つ持っておくと「ドヤれる」香水かもしれません。そんなルラボの中からもオススメの香水をシチュエーション別に3つご紹介致します。

・万人受けする王道な香り:サンタル33


出典:lelabofragrances

ルラボの香水の中でもNo.1の人気を誇るのがこのサンタル33(SANTAL 33)
香水の中でも好みが分かれやすいウッド&スパイシー系の香りながら、石鹸の様な清潔感も同時に含ませた使いやすい香りです。

・フローラル/フルーティな香り:ローズ31


出典:lelabofragrances

は「男女問わず纏える薔薇」のコンセプトから生まれた香水。主に女性向けの香水で多用されるバラをメインの原材料とした珍しいメンズ香水です。
ローズ系香水にありがちな甘いフローラルな香りはクミンのスパイシースメルとアガーウッドの乾いた香りで上手く中和。
大人の男性にピッタリな香水となっています。

・男性的ですっきりとした香り:アナザー13


出典:lelabofragrances

アナザー13(ANOTHER 13)はかつてパリの有名セレクトショップ「コレット」でのみ販売されていた限定香水。
2017年、同店の閉店に伴いルラボの各店舗で販売がスタートしました。
その香りの特徴はどこか(いい意味での)無機質さを感じさせる独特なもの。
墨や金属をイメージさせるシャープな香りはスマートな男性にぜひともつけてもらいたい逸品です。

■番外編 コム デ ギャルソン

・コンクリートの香り:コンクリート


出典:shop.livingmotif

日本を代表するファッションブランド、コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)は数多の香水もリリースし世界中から支持されています。
しかし、2017年にリリースされたこの香水はイメージソースを「コンクリート」に設定したことに多くの人が困惑。
発売当時ファッション界でも大きな話題を集めました。

丸みのあるコンクリートボトルに詰められたこちらの香水はメインに粉々に砕いたサンダルウッドを使用。そこに有機化合物ローズオキシドやウッディ、スパイスを混ぜ合わせ重厚な香りを作っています。
発表時こそ困惑するファンも多かったアイテムですが香水瓶をワンプッシュすればその困惑は驚きと高揚に変わるはず。
「他に無い香り」を求めているメンズならぜひとも試してほしいフレグランスです。

■さいごに

今回の記事では、普段香水になじみのないメンズにオススメの香水をブランド別、シーン別にご紹介致しました。
先にも述べた通り、香水は自身を差別化するうえで絶対に欠かせないアイテム。
特にスーツや作業着など、オシャレがしずらい男性にこそ使って欲しいアイテムです。

最近は幾つかの香水をピックし、ミニボトルでブランド香水を試せるサブスクサービスなども登場。
今回ご紹介した香水だけでなく、様々な香りを試して自分にぴったりの1本を探すのも面白いかもしれませんよ。

関連記事

  1. 今こそ狙いたいシュプリームのスケートボード5選!インテリアにも最…
  2. 初めてのSNKRS抽選でまさかのオフホワイトAJ4当選?!気をつ…
  3. リックオウエンスとはどんなブランド?人気の理由や着用している有名…
  4. 編集部が最近購入したファッションアイテム5選!Supremeやエ…
  5. 【初心者向け】ロレックスの人気モデル「オイスターパーペチュアル」…
  6. ホリデーギフトシーズンにぴったり!ヴィトンのEカードサービスレビ…
  7. マルジェラを愛用する芸能人9選!財布や服、香水までメゾン・マルジ…
  8. シュプリーム2021年FWシーズンWeek 1アイテムの徹底解説…

おすすめ記事

アディダスを愛していたマイケル・ジョーダンは何故ナイキと契約したのか? シュプリーム2020年FWシーズン Week 5アイテムの徹底解説! プレ値でも欲しい!ノースフェイスのコラボアイテム4選! ユニクロUの2020年秋冬新作!ストリートスタイルにもバッチリな、マストバイアイテム3選!

最新記事

大阪にあるロレックス正規店一覧! マルジェラ(Maison Margiela)×リーボック(Reebok)のスニーカーはこれがオススメ!狙い目モデルをご紹介! シュプリーム2022年SSシーズンWeek 18アイテムの徹底解説! 【初心者向け】ロレックスの最高級モデル「デイデイト」って何?!成功者の証である本モデルを解説! レイジーサンデーモーニングとはどんな香水?! マルジェラの大人気フレグランスを徹底解剖!
PAGE TOP