最新情報

マルジェラの香水を全て取り扱う店舗が登場!表参道のポップアップストア入店レポート!

ジル・サンダー(Jil Sander)と並び、2021年現在最も人気を集めているブランドといえば、メゾン・マルジェラ(Maison Margiela)です。
デザイナーであるマルタン・マルジェラの数々の逸話やファッション界の一時代を築いた多くのアイテムなど、マルジェラを語る要素は数多くありますが、中でも一般に広く知られているのがマルジェラの香水シリーズ。

今回の記事では、表参道ヒルズにて開催中のメゾンマルジェラフレグランスの期間限定ポップアップストアの様子をレポートいたします!

■マルジェラの「レプリカ」とは?

入店レポートの前にマルジェラの香水について軽くおさらいしておきましょう。
1988年フランスでスタートした「メゾン・マルタン・マルジェラ(のちのメゾン・マルジェラ)」は、古着を再構築して1着の全く新しい洋服を作り上げたり、日本の職人が履く「足袋」に着想を得たブーツ「タビ・ブーツ」など、様々な革新的なファッションスタイルを生み出し、1990年代のアパレル業界を牽引する存在となりました。

1994年のコレクションでは、「レプリカライン」と呼ばれるラインナップが登場。
デザイナーであるマルタンの生まれ故郷であるベルギーの1940年代のスーツや、ドイツ軍の御用達シューズ「ジャーマントレーナー」など、マルジェラがセレクトした数々のアイテムを「レプリカ」と称してリプロダクトしたのです。
このレプリカラインは、着想元となったアイテムの生産国、時代、用途などを記載したラベルを取り付けるのが特徴。
袖を通したユーザーがその服の歴史に想いを馳せることができることから大きな人気を呼びました。


出典:mercari

■マルジェラの香水とは?

このマルジェラの「レプリカ」にインスパイアされて2012年にスタートしたのが、香水ライン「レプリカ オードトワレ」です。


出典:cosme

マルジェラが旅をした様々な国で感じた経験や出来事を香りで表現したこの香水シリーズは、その香りやデザインの良さからマルジェラ愛好家以外からも数多くのファンを抱えています。
中でも最も人気を集め、現在世界中の香水の中でもトップクラスの知名度と人気を誇るのが、「レイジー サンデー モーニング」。
「怠惰な日曜の朝」の名の通り、柔らかな肌とベッドリネンの香りを表現したこの香水は、誰が嗅いでも不快感を与えないふんわりとした上品な香りとなっています。

■ポップアップストア入店まで

そんな「レプリカ」フレグランスたちが一堂に会した日本初のポップアップストアが2021年の4月22日から12月31日まで表参道ヒルズに登場。
ショップでは最新作、「マッチャ メディテーション」を含む全種類の香水が試せるほか、自分自身でレプリカのラベルに文字をタイピングして香水を購入することができます。


出典:fashion-press


出典:fashion-press

筆者も6月某日にポップアップストアにお邪魔し、その内装や接客を心置きなく体験してきました。
入店前の注意点としては、ポップアップストアではコロナ対策と、各入店者へきめ細やかな接客ができるよう、入場規制が敷かれています。
ポップアップストア入り口の立て看板に記載されたQRコードを読み込むと、入店受付がなされ、入店時間の目安がスマホ上でチェックできるようになっています。

筆者がQRコードを読み込んだ時は土曜日の昼過ぎだったこともあり、受付時点で150分待ちの表示に。
来店時はぜひ時間に余裕を持ってQRの読み込みを行い、入店時間まで近隣を散策しながら時間を潰すことをおすすめします。

筆者の場合、表示上は150分待ちだったものの、実際は1時間半ほどで呼び出しの連絡がもらえました。
呼び出しから一定時間過ぎるとキャンセルとなるため、こまめにスマホをチェックしておいた方が良さそうです。

■ポップアップストアの外観

店舗の外観は、フレングランスの中でも一番人気を誇る「レイジー サンデー モーニング」にフィーチャーしたデザインとなっており、同香水の香りを思わせる寝具がショーウィンドウにディスプレイされていました。

■ポップアップストアの内部

ポップアップストアでは、入り口から入ってすぐ正面に飛び込んでくるのが壁面にディスプレイされた全13種の「レプリカ オードトワレ」のフルラインナップ。
マルジェラのショップスタッフのトレードマークである白衣をまとったスタッフが来店客1組1組につき、嗜好や普段の生活についてヒアリングしながら様々な香水を提案してくれます。

香水は100mL 17,600円、30mL 8,800円、10mL 3,850円の全3サイズ展開。
最大サイズである100mLのみ、ラベルのカスタマイズが可能となっていました。

なお、日本国内のメゾン・マルジェラの正規取扱店では100mLサイズの香水のみが展開され、30mLサイズはこのポップアップストアのみ、10mLサイズはこちらのポップアップストアを除くと原宿にある「@cosme TOKYO」でのみ取り扱いがされています。
30mLと10mLサイズは旅行時などの持ち運びに最適。ぜひ2021年の12月31日までにポップアップストアでゲットすることをオススメします。

関連記事

  1. ホリデーギフトシーズンにぴったり!ヴィトンのEカードサービスレビ…
  2. 久しぶりのSNKRSの大当たり!ISPAロードウォリアーをレビュ…
  3. 2021年7月前半 編集部の注目オススメアイテム!
  4. 100周年を前に破綻した名門スニーカーブランド「コンバース」の転…
  5. シュプリーム2021SSシーズンで編集部が注目するアイテムはこの…
  6. シュプリームはなぜ高い?大人気ストリートブランドの疑問を3つの理…
  7. 永久保存版!シュプリームとコラボしたナイキのスニーカーを35種一…
  8. シュプリーム2021年SSシーズンWeek 12アイテムの徹底解…

おすすめ記事

シュプリーム2021SSシーズンで編集部が注目するアイテムはこの25種! プレ値でも欲しい!ノースフェイスのコラボアイテム4選! バレンシアガとはどんなブランド?ストリートを席巻するメゾンブランドの歴史 最速レビュー!シュプリーム2020FWシーズン!編集部おすすめのアイテム20選!

最新記事

シュプリームとノースフェイスのコラボレーションの名作5選!アーカイブから新作までオススメをご紹介! シュプリーム2021年FWシーズンWeek 9アイテムの徹底解説! 【初心者向け】ロレックスの人気モデル「デイトジャスト」って何?!ロングセラーの人気モデル?! GU×アンダーカバーのコラボ第2弾!オススメアイテム徹底解説! シュプリーム2021年FWシーズンWeek 8アイテムの徹底解説!
PAGE TOP