ストリート

ナイキが誇る人気No.1スニーカー、エアジョーダンの歴代人気モデルを一挙ご紹介!

バスケットボール界の生ける伝説であるマイケル・ジョーダンの有名性は、彼自身のコート上での輝かしい実績はもちろんのこと、彼にフィーチャーしたナイキのスニーカー、「エアジョーダン」シリーズによって築かれたことは間違いありません。

1985年、大学バスケットボールで名を馳せたマイケルジョーダンがプロ入りすると同時にナイキが作り上げたエアジョーダンは、その人気から毎年のように新作モデルが登場し、コート上で歴史に残る名プレイを次々と成し遂げるマイケルの足を常に飾っていました。

今回は、そんなエアジョーダンシリーズの中でも、特に人気の高いモデルが集中する黄金期、すなわちエアジョーダン 1から エアジョーダン 11までの計11足を、その発売当時のオリジナルのカラーウェイで振り返ってゆきたいと思います。

■1985年発売 エアジョーダン1


出典:justfreshkicks

・デザイナー:ピーター・ムーア
・発売時定価:65ドル

ナイキの名作スニーカーの中でも最も人気が高く、そしてジョーダンシリーズの記念すべき第1作目となったのがこのエアジョーダン 1です。

まさに原点にして頂点と言えるこのエアジョーダン 1は、当時の全米におけるエアロビクスブームに乗り遅れ、大きく赤字を計上していたナイキにとっての救世主となりました。

その姿を最初に見たマイケルをして「悪魔の色」と言わしめたこの最初期カラーウェイのモデルは、マイケルの所属していたチーム「シカゴ・ブルズ」のアイコンカラーになぞらえて作成されました。

■1986年発売 エアジョーダン 2


出典:sneakerheadwill

・デザイナー:ピーター・ムーア/ブルース・キルゴア
・発売時定価:100ドル

マイケル・ジョーダンは1984-1985年シーズンで大活躍を見せ、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得。
マイケルの人気とともに売れ行き好調だったエアジョーダンもシリーズ2足目が作られることになりました。

「エアジョーダン 2」をデザインする上でマイケルはナイキに「クッション性を高めて欲しい」とリクエスト。
それもそのはず、プロ1年目で大活躍を見せたマイケルは、2年目のシーズンでは3試合目で早くも左足首を骨折。
レギュラーシーズンの大半をコートの外で過ごす結果となっていました。

そんなマイケルの要求に応えるために作られたエアジョーダン2はクッショニング強化に向けて生産工場を変更。
その頃のナイキのバッシュ作りは、コストと技術の兼ね合いから韓国の提携工場で作られるが一般的であり、エアジョーダン 1や、エアフォース 1も韓国製でしたが、ナイキはエアジョーダン 2をイタリアの工場で作ることを決定しました。

靴作りの長い歴史と高い技術を誇るイタリアの工場で作られたエアジョーダン 2はナイキの象徴であるスウッシュを廃し、トカゲ皮に似せた合皮でシックにまとめたデザイン。
ソールはポリウレタンの発泡樹脂素材でエアユニットを包み込むことで、マイケルのリクエストに応えました。

■1988年発売 エアジョーダン 3


出典:sneakers

・デザイナー:ティンカー・ハットフィールド
・発売時定価:100ドル

マイケルがボールを片手で掲げ、大きく足を広げてジャンプしたシルエット、通称「ジャンプマン」ロゴ。
ジョーダンブランドの象徴とも言えるこのジャンプマンロゴはエアジョーダン 3にて初登場を果たします。

本作から、以降の多くのエアジョーダンを手がけることになる名デザイナー、ティンカー・ハットフィールドがデザインを担当。
ジョーダン 3で登場したジャンプマン、そしてカカト部分のエレファント柄はのちのナイキの多くのスニーカーに多大なる影響を与えました。

■1989年発売 エアジョーダン 4


出典:solecollector

・デザイナー:ティンカー・ハットフィールド
・発売時定価:110ドル

1989年に登場したエアジョーダン 4は、初のグローバルマーケットリリースされたエアジョーダンとなりました。

エアジョーダン 1や後述するエアジョーダン 11と並び、最も人気の高いエアジョーダンの1つでもあるこのエアジョーダン 4

著名な映画監督であるスパイク・リーを起用したCMでも話題を呼び、ポップカルチャーとスニーカーのミックスの先駆けとなりました。

■1990年発売 エアジョーダン 5


出典:pinterest

・デザイナー:ティンカー・ハットフィールド
・発売時定価:125ドル

1989-1990年シーズンのマイケル・ジョーダンは今までにも増して輝いていました。
92本という驚異的なスリーポイントを決め、他選手を置いていくような華麗なドリブルスタイルはデザイナーであるティンカー・ハットフィールドに戦闘機をイメージさせました。

ティンカーはエアジョーダン 5を作るにあたって、第二次世界大戦で活躍した戦闘機をモチーフに、機体先端部のサメの歯のペイントをあしらったパーツをアタッチ。

バックサイドにはシカゴ・ブルズにおけるマイケルの背番号である23番が初めて搭載されました。

■1991年発売 エアジョーダン 6


出典:sneakernews

・デザイナー:ティンカー・ハットフィールド
・発売時定価:125ドル

1990-1991シーズンで、マイケルの所属するブルズはチーム史上最多の61勝を獲得。
NBAファイナルではマジック・ジョンソン率いるロサンゼルス・レイカーズと対決し4勝1敗で勝利し、ついに初優勝を飾ります。

そんなマイケル・ジョーダン初優勝を記念するこのエアジョーダン 6は、マイケルが所有するドイツ製スポーツカーの滑らかなシルエットにヒントを得てティンカー・ハットフィールドがデザイン。

バスケの名作漫画、「スラムダンク」にて主人公桜木花道が最初に履いたバッシュとしても知られており、特に日本で人気の高いジョーダンモデルとなっています。

■1992年発売 エアジョーダン 7


出典:pinterest

・デザイナー:ティンカー・ハットフィールド
・発売時定価:125ドル

前シーズンに引き続き、マイケルの活躍でシカゴ・ブルズはシーズンでの優勝を飾ります。
また、1992年と言えばマイケルがアメリカチームを率いてバルセロナオリンピックで金メダルを手にした年。
オリンピックユニフォームに合わせた特別モデルも発売されました。

そんな記念すべき1992年にリリースされたエアジョーダン 7はエアジョーダン4、5、6まで採用されていたビジブルエアを無くし、伸縮素材を使ってフィット感を高めた「ダイナミックフィット」を採用したことでも知られています。

また、同年よりナイキのバスケットボールから分かれた形でのフランチャイズが始まりました。

■1993年発売 エアジョーダン 8


出典:sneakerbardetroit

・デザイナー:ティンカー・ハットフィールド
・発売時定価:125ドル

マイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズの勢いは止まらず、一昨年、昨年に続き脅威の3連覇を果たします。
1992年登場のナイキのバスケットボールシューズ「エア・レイド」のクロスストラップ仕様を取り込み、エアジョーダン7でも使われたダイナミックフィットとの連動でフィット感のさらなる向上を目指しました。

しかし、これが着脱性の不便さに繋がり、マイケルは練習時には他のバッシュを使うという悲劇も生まれました。

■1993年発売 エアジョーダン 9


出典:complex.com

・デザイナー:ティンカー・ハットフィールド
・発売時定価:125ドル

1993年、マイケル・ジョーダンが引退を発表したため、バスケットボールコートでは履かれることの無かった1足となります。

それまでの装飾的な面影をほとんど残さないアウトドアブーツを思わせるエアジョーダン 9のデザインは、以降のエアジョーダンのデザインにも踏襲されてゆくことになります。

なお、翌1994年、バスケットボール界を去ったマイケル・ジョーダンが野球に転向するというニュースがスポーツ界に驚きをもって迎え入れられます。
それに際し、このエアジョーダン 9も野球のスパイクに形を変え、彼の足を飾ることとなります。

■1994年発売 エアジョーダン 10


出典:jordan.com

・デザイナー:ティンカー・ハットフィールド
・発売時定価:125ドル

エアジョーダンの10作目となる本作はそれを記念してソール部分に10本のラインを配し、それぞれのソールに彼の9つの功績、すなわち85年の新人王や91〜93年のMVPと優勝などを掘り込みます。

10本目のラインに掘り込まれた「BEYOND(これから)」の文字の通り、翌1995年にマイケルはNBAに復帰。エアジョーダン10の未発売モデル、シカゴ・ブルズカラーを纏ってファンの歓迎に応えました。

■1995年発売 エアジョーダン 11


出典:sneakerbardetroit

・デザイナー:ティンカー・ハットフィールド
・発売時定価:125ドル

バスケットボール界に復帰したマイケルの要求は「フォーマルな場でも着用できそうなバッシュ」でした。
それに応え、ティンカー・ハットフィールドが手がけたエアジョーダン 11は、当時のスニーカーとしては珍しい、エナメルレザーを使用したシンプルで洗練されたデザイン。

本モデルはマイケル主演映画「スペース・ジャム」での使用の効果もあり絶大な人気を博します。
2011年12月にオリジナルカラー「コンコルド」が再販された際にはファンが各店舗に殺到。
店舗破壊や暴動、発砲事件などが起きたことでも話題となりました。

■さいごに

今回は、歴代のエアジョーダンシリーズを、その最初期カラーとともに振り返ってきました。
その人気から様々なカラーウェイやデザインが登場するジョーダンシリーズですが、やはりその原点となるファーストカラーの美しさは別格です。

本ブログでは他にもナイキ×シュプリームの歴代モデルのご紹介や、アディダスを愛していたマイケル・ジョーダンがなぜナイキと契約するに至ったのかの歴史解説など、名作スニーカーに関する記事を数多く投稿押しております。

ぜひ気になった方は本記事と合わせてご覧ください。

関連記事

  1. バーバリー、ディオールなど、ハイブランドがリリースする今冬オスス…
  2. 編集部が最近購入したファッションアイテム5選!Supremeやエ…
  3. SNKRS抽選で当選のオフホワイトAJ4レビュー!スニーカー到着…
  4. ファッション初心者にオススメな定番スニーカー5選!手っ取り早くオ…
  5. 手頃に手に入る?!狙い目のSupremeのオススメアイテム7選!…
  6. シュプリーム2020年FWのクルーネックを今買うならこれ!リセー…
  7. LEVI’S® × POKÉMON コラボアイテム紹介!世代を超…
  8. トラヴィス・スコット×ナイキのコラボレーションスニーカーを一挙紹…

おすすめ記事

SNKRS抽選で当選のオフホワイトAJ4レビュー!スニーカー到着までの時間等もご紹介! 超豪華!Youtuberヒカキンが所有するシュプリームのアイテムを一挙紹介! Off-Whiteの人気を支える5つの理由!ストリートシーンで圧倒的支持を受けるブランドの戦略とは 何故人気?ナイキ ダンクの歴史や人気の理由、おすすめモデルをご紹介!

最新記事

【初心者向け】ロレックスの購入方法とは?「定価を正規で買う」当たり前が通用しないロレックス?! 【大人向け】高級感溢れるストリートファッションを楽しむためのブランド5選 シュプリーム2021年SSシーズンWeek 17アイテムの徹底解説! 2021年6月後半 編集部の注目オススメアイテム!コラボアイテムが多めで狙いどころ満載! 「OAMC」とは?シュプリームやジルサンダーの系譜を継ぐ大注目ブランド?!
PAGE TOP