最新情報

バーチャルスニーカーとは?!「NFT」と「メタバース」を含め徹底解説!

あなたは「NFT」「メタバース」というキーワードを耳にしたことがあるでしょうか。
仮想通貨やデジタルアートといったものと並列して語られることが多いこれらのキーワードは、えてして「自分には関係ないもの」と考えスルーしがち。
しかし、この「NFT」、「メタバース」がファッションやスニーカーの今後の世界に深く関わっていると言われればどうでしょうか。
直近では「バーチャルスニーカー」といった単語も聞かれるようになってきたNFTとメタバースの世界。

今回の記事では、普段ファッションやスニーカー関連の記事を書いている筆者が、どこよりもわかりやすくファッションとNFT、そしてメタバースの関係性について解説します。
スニーカー業界に蔓延る転売ヤー問題の解決や、これまでになかったような全く新しいファッションデザインなど、様々な可能性に満ちたこれらの世界観。皆様もぜひ本記事を読んで知っておきましょう!

出典:rarible

■NFTとは?


出典:sbbit

バーチャルスニーカーについて語る前に、そもそもNFTとは何かメタバースとは何かについて解説する必要があるでしょう。

NFT (Non Fungible Token)、直訳で「非代替性トークン」と呼ばれるサービスは、ブロックチェーンの技術を使い、コピー/複製を不可能にしたデジタルデータの事を指します。
オンライン上の取引履歴を暗号技術によって過去から1本の鎖のように繋げ、正確な取引履歴を維持しようとする技術として、ビットコインへの活用から始まったブロックチェーン。
そのブロックチェーンの技術をデジタルアートなどの売買に転用したのがNFTだといわれています。

これまで、デジタル上のコンテンツ、例えば画像や音楽データ、ゲームのアイテムやデジタルアートはその複製/偽造のしやすさから、資産価値が生まれにくい状況がありました。
そこで、オンライン上のコンテンツ…例えば1枚の画像データをNFTによって裏付けすると、その画像データは自分が保有する唯一無二の存在として証明することができるようになります。

NFTの強みはその偽造の難しさと売買履歴をトレースできる点。
例えばあるアーティストの限定音源を1曲限定でNFT化した場合、これまでのようにその楽曲を違法コピーして、無限に拡散することは不可能です。

また、その楽曲を製作者から購入した人物は、別の誰かに当該楽曲を転売することが可能です。
そうなると、NFT化されたその楽曲には売買履歴が記録され、製作者からどんな人にいくらでわたり、そして次に誰にいくらで売買されたのかを半永久的にトレースすることができます。

こうしたNFT技術は前述の通り画像や音楽データだけでなく、ゲームのアイテムやアバターなどにも適用可能。
これにより、例えば自分が使わなくなったオンラインゲームの装備を別の誰かに転売することも可能になります。
その際には、これまでのようにチートを組み込んだり、不正にコピーを行うこともできません。
なおかつ販売者や購入者、価格の遍歴まで追うことができるため、有名なゲーム実況者が以前使っていたアイテムなどは、そのアイテム本来の効果以上に付加価値がつけられることも考えられます。

また、NFTは転売時に製作者にマージンが入り続ける設定を付与することも可能です。
このしくみによって、「ブックオフの中古本が売れても作者には印税が入らない」「メルカリで洋服を買ったときにデザイナーにインセンティブが入らない」といった従来の転売のマイナスポイントが一気に払拭されるのです。
コピーや偽造はできないが、転売はできる。しかも、転売されるたびに製作者にマージンが入る。
こうした画期的な発明であるが故に、現在NFTは世界中で先行投資や市場参入がなされているのです。

■メタバースについて

NFTと並んで語られることも多い、もう一つのキーワードが「メタバース」です。
関連するニュースで言えば、直近2021年10月にFacebookが社名を「メタ(Meta)」に変更したことも記憶に新しいかもしれません。


出典:toyokeizai

多くの世界的なIT企業が次々と資本を投入し開発を急ぐこのメタバースですが、具体的にどんなものなのかをきちんと理解している人は多くないかもしれません。
メタバースを簡単に説明すると、「フォートナイト」や「どうぶつの森」といったゲーム、そして映画「サマーウォーズ」で描かれた仮想空間「OZ」などをイメージしていただければわかりやすいかもしれません。


出典:gizmodo

現実世界のプレイヤーが仮想空間で動かすアバターがひしめく世界。
その中ではゲームのみならず、現実世界で行われるありとあらゆる行動が将来的には可能になると言われています。

すでに、いくつかのメタバース的ゲームでは、ゲーム内でユーザーがコンテンツを作り、SNS的なコミュニケーションも取れる自由度の高い仮想世界を構築。
ユーザー同士で作ったゲーム内ゲームで遊んだり、リアルマネー/仮想通貨を使ったアイテムやデジタル建造物の取引までもが行われています。


出典:tabiryman

デジタル上の世界において、土地の所有権の売買を含めた経済圏の拡充までもが始まっているメタバースの世界。
このメタバースについて、2種類に分けてより詳しくご説明致します。

■クローズド・メタバースとオープン・メタバース

・クローズド・メタバース

ひとつ目は、「クローズド・メタバース」と言われる、1社単体でメタバースをコントロールできている状態です。
現在アメリカの小中学生の半数以上がすでにユーザーとなっている「ロブロックス」を手がけるRoblox社や、2021年9月に「Horizon Workrooms」というVRを着用するビジネス会議システムを作ったMeta (旧Facebook)社は、このクローズド・メタバースをだと言われています。


出典:iflyer

クローズド・メタバースは、実現さえできればプラットフォームとして多くの利益を上げることが予想される魅力的な世界。
しかしその一方で、メタバースという世界をひとつの会社がコントロールすることで、その会社が仮想世界で独裁者の如くユーザーを支配する危険性も指摘されています。

・オープン・メタバース

対する「オープン・メタバース」は、「相互運用性がある」メタバースのことで、いくつものプラットフォーム、仮想世界を障壁なく相互に行き来することができるというコンセプトです。
フォートナイトを手がけるEpic Games社は、将来的にはこのオープン・メタバースを意識して事業を作り上げていると言われています。

現在はクローズド・メタバースの典型だと言われるゲーム「フォートナイト」ですが、Epic Games社はもうひとつ、会社の収益の柱として、「Unreal Engine」を持っています。


出典:wikiwiki

Epic Games社の提供するゲームエンジン「Unreal Engine」はハイエンドなゲームの制作に適したエンジンとなっており、フォートナイトの他、キングダムハーツ3やファイナルファンタジー7リメイク、鉄拳7など、数多くのゲーム制作に使われています。


出典:famitsu

仮想世界でライブイベントや映画鑑賞も可能なオンラインゲーム「フォートナイト」を手がける一方で、コンテンツ制作のためのゲームエンジンを様々なゲーム会社に提供するEpic Games社。
この取り組みが将来的に花開いたとしたら、ゲーム界に革命的な地殻変動が起きるといっても過言ではないでしょう。

一例を挙げるならば、あなたがゲーム「ファイナルファンタジー7リメイク」で入手したアバターを、そのままあなたの「フォートナイト」の世界観に持ち込むことができる、といえば分かりやすいでしょうか。
気に入ったアバターやゲームの世界観を壊さない範囲でのアイテムなどを、複数のゲームで共有できる世界は、多くのゲーマーが夢に描いていた未来でもあります。
しかし、オープン・メタバースには技術的に解決すべき課題も多く、その実現を可能にするためにはより一層の技術の進歩や著作権法などの改訂が必要だと言われています。

■NFT・メタバース化によるゲーム業界の未来

ここまでNFT、メタバースについてそれぞれ解説してきましたが、この2つを組み合わせると、どんなことが起きるのでしょうか。
まず、ゲーム内アイテムをNFT化することで、アイテムの個人間売買が可能になると言えるでしょう。
これはゲーム業界にとっては革命的。 
なぜなら例えば「ファイナルファンタジー14」など多くのオンラインゲームではこれまで、ゲームデータやアイテムの金銭的取引を厳しく禁止していました。

しかし、複製や偽造のできないNFT化したゲームデータであれば、その規制を緩めるゲーム会社が出てきてもおかしくはありません。
これにより、自身が使わなくなったゲーム内の装備や、もしくは遊ばなくなったゲームのアイテムなどを欲しい人に転売することもできるようになるでしょう。

出典:netemo-sametemo

次に、メタバース化、特にオープン・メタバース化によってゲームのコアではない部分、すなわちプレイヤーのアバターやコスチュームなどを、他ゲームに引き継ぐことができるようになるかもしれません。
それによりそれまで単一のゲーム内でのみ価値を有していたアバターやデジタルコスチュームの価値が跳ね上がり、なおかつそれがNFT化によって売買まで出来るようになればどうでしょうか。

そんな未来を予想し、実はすでに多くのファッションブランドがオンライン上で少しずつメタバースやNFTに参入を始めているのです。

■バーチャルスニーカーとゲーム内スキン

メタバース世界とファッションというキーワードで最も代表的なもののひとつに、ゲーム「フォートナイト」のゲーム内スキン(アバター)が挙げられるでしょう。
近年、ナイキ(NIKE)、バレンシアガ(BALENCIAGA)といったブランドが次々とフォートナイトとのコラボレーションを実施。
なんとゲーム内のスキンとしてナイキのジョーダンやバレンシアガのアパレルアイテムをゲットすることが出来るのです。

出典:famitsu

基本無料プレイが可能で、ゲームの進行にあたって優位性が生まれないキャラクタースキンなどにのみ課金要素を作っているフォートナイト。
このゲームはプレイヤーが自身のキャラにオリジナリティを出すべく様々なスキンを購入することで、莫大な収益が生まれていました。

そんなゲーム内スキンに一流のブランドが参入したとなれば一大事。
洗練されたデザインに加え、知名度の高いブランドネームが入ったスキンはゲーマーのみならず多くのファッショニスタの注目を集めました。

出典:epicgames

また、既存のブランドだけでなく、メタバース上でのみ存在する全く新しいブランドも登場しました。
アーティファクト(RTFKT)というバーチャルスニーカーのブランドを皆さんはご存知でしょうか。


出典:enstock4s

このアーティファクトが制作するスニーカーやアイテムは全てバーチャル上の存在。
にも関わらず定価で数百万円の値が付けられているものも少なくないのです。

その理由は、現実世界のスニーカーと同じく、数量限定販売を行うことで市場価値が高騰しているからにほかなりません。
また、アーティファクトが製作したバーチャルスニーカーは、全てNFT化されることで複製や偽造ができないことも大きいでしょう。

実はこのアーティファクトをはじめとするバーチャルスニーカーの世界はすでに少しずつ広がっております。
現実世界で我々がアトモスやシュプリームに並んでいる間に、投資/投機目的も兼ねて、バーチャルスニーカーが高値で売買されている世界がオンライン上で生まれているのです。

■アパレル・スニーカー業界で起きている地殻変動

では、この出来事がファッション、スニーカー業界にとってどれだけ画期的なのでしょうか。
バーチャルスニーカー、バーチャルファッションの世界がどれだけ業界にとって革新的なのか、大きく分けてふたつの視点から解説いたします。

・現実世界では表現できなかったシルエットやデザインが可能

まずひとつ目に、バーチャルスニーカーやバーチャルファッションはその存在が現実世界のものではないゆえに、どんなデザインであろうとも成立するという点が挙げられるでしょう。
これまで人の足の形に合わせてあるいみ「デザインを制限されてきた」スニーカーが、バーチャル上であればいかなる形で表現することも可能です。
機能性や素材原価の制限、パーツの重量など、ありとあらゆる制約から解き放たれたバーチャルスニーカーの登場は、これから多くのデザイナーやクリエイターの創作意欲を刺激してゆくことでしょう。

メタバースの世界で使えるバーチャルスニーカーならば、例えばソールにジェット機能を取り付けて、高速でメタバース世界を飛び回るシューズだって作れるかもしれません。

出典:news2021

また、バーチャル上の世界であれば、現実世界のファッション業界のトレンドとは別のトレンドが生まれてくるかもしれません。
すでに現実世界では古臭いデザインに思えても、バーチャル上でアバターが着用すれば意外としっくりくる、といった可能性は大いに考えられるでしょう。
こうした状況はこれまでのファッション業界の歴史を振り返ってみてもありえなかったこと。
この世界観がどれだけ革新的かをイメージできたかと思います。

・他のメタバース世界に移動しても衣装データが引き継がれる世界が来るかもしれない

ふたつ目の大きな地殻変動は、これまでに述べてきたメタバースの世界観、とくに「オープン・メタバース」に深く関わっています。
今多くのIT企業がその可能性を模索しているオープン・メタバースの世界。
これが成立すれば、Aというメタバース世界で購入したバーチャルスニーカーをそのまま履いてBのメタバース世界に移動することが出来るようになるかもしれません。

これまでゲームにチートやMODを組み込み、本来そのゲーム世界に存在しないキャラクターやデザインを組み込むことは個人では数多く行われてきました。
しかし、その多くはあくまで非公式かつ非合法。
ゲーム内の規約や商標の問題から、その存在は運営側から厳しく規制されてきました。
 
しかし、公式が作成したキャラクタースキンやバーチャルスニーカーをNFT化すれば、違法に製作されたり、不正にコピーされたりといった問題は0になるでしょう。
こうなると見えてくるのが、アバターやバーチャルスニーカーへの課金と転売の価値がこれまでとは比較にならなくなる世界です。
バーチャルスニーカーとNFTと掛け合わせることで複製禁止(偽物の排除)+ 販売や所有者履歴をトレース可能になる。
合わせてそのバーチャルスニーカーが複数のゲームやメタバースを飛び越えて履き続けることが出来るようになれば、その価値は計り知れません。


出典:prtimes

■さいごに

今回の記事では、NFTとメタバースの基本的な概念の説明から、それがファッション・スニーカー業界にどういった影響を与えるのかについて解説しました。
ファッションやおしゃれは他人と違う格好をして「かっこよく」「かわいく」みられるためのもの。
それはきっと現実世界でもメタバース世界でも変わらないはずです。
これからの5年10年で、NFTとメタバースによってファッション業界がどれだけ変わってゆくのか、しっかりと注視していきたいと思います。

関連記事

  1. シュプリーム2021SSシーズンWeek 2アイテムの徹底解説!…
  2. 2021年1月後半 編集部の注目オススメアイテム!いつもの人気モ…
  3. Supreme出身のデザイナーが手掛けるブランド5選!実はあのブ…
  4. シュプリーム2021SSシーズンWeek 3アイテムの徹底解説!…
  5. 2021年4月後半 編集部の注目オススメアイテム!オリジナリティ…
  6. 2020年当サイトで注目したアイテム一覧!魅力的な数々のアイテム…
  7. シュプリームとルイ・ヴィトンのコラボは何故凄かったのか?両者の歴…
  8. シュプリーム2021年FWシーズンWeek 3アイテムの徹底解説…

おすすめ記事

近年のラグジュアリーブランドがロゴを前面に押し出す理由とは? Botなんていらない?!スマホ1つでシュプリームの商品を購入する4つの方法! アディダスを愛していたマイケル・ジョーダンは何故ナイキと契約したのか? SNKRS抽選で当選のオフホワイトAJ4レビュー!スニーカー到着までの時間等もご紹介!

最新記事

グッチ家の没落と血塗られた歴史!華やかなブランドの裏にある秘話! 北海道・東北地方にあるロレックス正規店一覧! シュプリーム2021年FWシーズンWeek 15アイテムの徹底解説! 【追悼】オフホワイトやルイヴィトンを手がけたヴァージル・アブローの生涯を思う 永久保存版!シュプリームとコラボしたナイキのスニーカーを37種一挙紹介!
PAGE TOP