その他

ファッション業界に激震!メタバースとバーチャルスニーカーの関係を徹底解説!

現在世界中でバズワードとなっている「NFT」と「メタバース」
ファッションやスニーカー業界においてもこれらの技術の発展によって大きな地殻変動が始まっています。

今回の記事ではファッションやスニーカーとNFT、メタバースの関係性を解説する記事の後編として、バーチャルスニーカーやデジタルファッションがメタバースにおいてどのような意味を持つのかについて解説致します。
なお、前半の記事ではNFTとバーチャルスニーカーの関係性について解説しました。
未読の方は是非こちらの記事を読んでから本記事をご覧いただけましたら幸いです。

■メタバースについて

本題に入る前に、まずはメタバースについて簡単に解説する必要があるでしょう。
ニュースや新聞などでもNFTと並んで語られることも多いメタバースですが、断片的な情報のみで具体的な仕組みや世界観についてきちんと理解している人はまだまだ少ないように感じます。

現在、多くの世界的なIT企業が次々と資本を投入し開発を急ぐこのメタバース。
関連するニュースで言えば、直近2021年10月にFacebookが社名を「メタ(Meta)」に変更したことも記憶に新しいかもしれません。


出典:toyokeizai

そんなメタバースですが、世界観を簡単に説明すると、「フォートナイト」や「どうぶつの森」といったゲーム、そして映画「サマーウォーズ」で描かれた仮想空間「OZ」などをイメージしていただければわかりやすいかもしれません。


出典:gizmodo

現実世界のプレイヤーが仮想空間で動かすアバターがひしめく世界。その中ではゲームのみならず、現実世界で行われるありとあらゆる行動が将来的には可能になると言われています。
すでに、いくつかのメタバース的ゲームでは、ゲーム内でユーザーがコンテンツを作り、SNS的なコミュニケーションも取れる自由度の高い仮想世界を構築。
ユーザー同士で作ったゲーム内ゲームで遊んだり、リアルマネー/仮想通貨を使ったアイテムやデジタル建造物の取引までもが行われています。

出典:tabiryman

デジタル上の世界において、土地の所有権の売買を含めた経済圏の拡充までもが始まっているメタバースの世界。
このメタバースについて、2種類に分けてより詳しくご説明致します。

■クローズド・メタバースとオープン・メタバース

・クローズド・メタバース

ひとつ目は、「クローズド・メタバース」と言われる、1社単体でメタバースをコントロールできている状態です。
現在アメリカの小中学生の半数以上がすでにユーザーとなっている「ロブロックス」を手がけるRoblox社や、2021年9月に「Horizon Workrooms」というVRを着用するビジネス会議システムを作ったMeta (旧Facebook)社は、このクローズド・メタバースをだと言われています。


出典:iflyer

クローズド・メタバースは、実現さえできればプラットフォームとして多くの利益を上げることが予想される魅力的な世界。
しかしその一方で、メタバースという世界をひとつの会社がコントロールすることで、その会社が仮想世界で独裁者の如くユーザーを支配する危険性も指摘されています。

・オープン・メタバース

対する「オープン・メタバース」は、「相互運用性がある」メタバースのことで、いくつものプラットフォーム、仮想世界を障壁なく相互に行き来することができるというコンセプトです。
フォートナイトを手がけるEpic Games社は、将来的にはこのオープン・メタバースを意識して事業を作り上げていると言われています。
現在はクローズド・メタバースの典型だと言われるゲーム「フォートナイト」ですが、Epic Games社はもうひとつ、会社の収益の柱として、「Unreal Engine」を持っています。

出典:wikiwiki

Epic Games社の提供するゲームエンジン「Unreal Engine」はハイエンドなゲームの制作に適したエンジンとなっており、フォートナイトの他、キングダムハーツ3やファイナルファンタジー7リメイク、鉄拳7など、数多くのゲーム制作に使われています。


出典:famitsu

仮想世界でライブイベントや映画鑑賞も可能なオンラインゲーム「フォートナイト」を手がける一方で、コンテンツ制作のためのゲームエンジンを様々なゲーム会社に提供するEpic Games社。
この取り組みが将来的に花開いたとしたら、ゲーム界に革命的な地殻変動が起きるといっても過言ではないでしょう。
一例を挙げるならば、あなたがゲーム「ファイナルファンタジー7リメイク」で入手したアバターを、そのままあなたの「フォートナイト」の世界観に持ち込むことができる、といえば分かりやすいでしょうか。

気に入ったアバターやゲームの世界観を壊さない範囲でのアイテムなどを、複数のゲームで共有できる世界は、多くのゲーマーが夢に描いていた未来でもあります。
しかし、オープン・メタバースには技術的に解決すべき課題も多く、その実現を可能にするためにはより一層の技術の進歩や著作権法などの改訂が必要だと言われています。

■NFT・メタバース化によるゲーム業界の未来

さて、ここまでメタバースについて、そして前半の記事ではNFTについてそれぞれ解説してきましたが、この2つを組み合わせると、どのような事が起きるのでしょうか。
まず、ゲーム内アイテムをNFT化することで、アイテムの個人間売買が可能になると言えるでしょう。
これはゲーム業界にとっては革命的。 
なぜなら例えば「ファイナルファンタジー14」など多くのオンラインゲームではこれまで、ゲームデータやアイテムの金銭的取引を厳しく禁止していました。
しかし、複製や偽造のできないNFT化したゲームデータであれば、これらの流通や売買はゲーム会社やアイテムの製作者にとってはむしろ大きな資産になるはず。
こうした従来の規制を緩めるゲーム会社が出てきてもおかしくはありません。
これにより、自身が使わなくなったゲーム内の装備や、もしくは遊ばなくなったゲームのアイテムなどを欲しい人に転売することもできるようになるでしょう。

出典:netemo-sametemo

次に、メタバース化、特にオープン・メタバース化によって大きなゲーム業界の変革が訪れるかもしれません。
ゲームのコアではない部分、すなわちプレイヤーのアバターやコスチュームなどを、他ゲームに引き継ぐことができるようになる世界をあなたは想像できるでしょうか。
この世界観が実現すれば、それまで単一のゲーム内でのみ価値を有していたアバターやデジタルコスチュームの価値は跳ね上がり、なおかつそれがNFT化によって売買まで出来るようになれば、ゲーム会社やデザイナーにとって大きなビジネスチャンスとなりうるでしょう。
そんな未来を予想し、実はすでに多くのファッションブランドがオンライン上で少しずつメタバースやNFTに参入を始めているのです。

■バーチャルスニーカーとゲーム内スキン

メタバース世界とファッションというキーワードで最も代表的なもののひとつに、ゲーム「フォートナイト」のゲーム内スキン(アバター)が挙げられるでしょう。
近年、ナイキ(NIKE)、バレンシアガ(BALENCIAGA)といったブランドが次々とフォートナイトとのコラボレーションを実施。
なんとゲーム内のスキンとしてナイキのジョーダンやバレンシアガのアパレルアイテムをゲットすることが出来るのです。


出典:famitsu

基本無料プレイが可能で、ゲームの進行にあたって優位性が生まれないキャラクタースキンなどにのみ課金要素を作っているフォートナイト。
このゲームはプレイヤーが自身のキャラにオリジナリティを出すべく様々なスキンを購入することで、会社に莫大な収益を生んでいました。
そんなゲーム内スキンに一流のブランドが参入したとなれば一大事。
洗練されたデザインに加え、知名度の高いブランドネームが入ったスキンはゲーマーのみならず多くのファッショニスタの注目を集めました。


出典:epicgames

・他のメタバース世界に移動しても衣装データが引き継がれる世界が来るかもしれない

ふたつ目の大きな地殻変動は、これまでに述べてきたメタバースの世界観、とくに「オープン・メタバース」に深く関わっています。
今多くのIT企業がその可能性を模索しているオープン・メタバースの世界。
これが成立すれば、Aというメタバース世界で購入したバーチャルスニーカーをそのまま履いてBのメタバース世界に移動することが出来るようになるかもしれません。

これまでゲームにチートやMODを組み込み、本来そのゲーム世界に存在しないキャラクターやデザインを組み込むことは、個人では数多く行われてきました。
しかし、その多くはあくまで非公式かつ非合法。
ゲーム内の規約や商標の問題から、その存在は運営側から厳しく規制されてきました。 

しかし、公式が作成したキャラクタースキンやバーチャルスニーカーをNFT化すれば、違法に製作されたり、不正にコピーされたりといった問題は0になるでしょう。
こうなると見えてくるのが、アバターやバーチャルスニーカーへの課金と転売の価値がこれまでとは比較にならなくなる世界です。
バーチャルスニーカーとNFTと掛け合わせることで複製禁止(偽物の排除)+ 販売や所有者履歴をトレース可能になる。
合わせてそのバーチャルスニーカーが複数のゲームやメタバースを飛び越えて履き続けることが出来るようになれば、その価値は計り知れません。


出典:prtimes

■さいごに

今回の記事では、全編・後編に分けてNFTとメタバースの基本的な概念の説明から、それがファッション・スニーカー業界にどういった影響を与えるのかについて解説しました。
ファッションやおしゃれは他人と違う格好をして「かっこよく」「かわいく」みられるためのもの。それはきっと現実世界でもメタバース世界でも変わらないはずです。
これからの5年10年で、NFTとメタバースによってファッション業界がどれだけ変わってゆくのか、しっかりと注視していきたいと思います。

関連記事

  1. チョイスが暗すぎ?!シュプリーム(Supreme)とコラボした名…
  2. ルイ・ヴィトン/ディオール/バーバリー、トップブランドのデザイナ…
  3. ココを知っておけば間違いなし?!アクセサリー初心者が絶対に知って…
  4. 新規オープン、ルイ・ヴィトン 銀座並木通り店に訪問!銀座並木通り…
  5. シュプリーム2021年SSシーズンWeek 19アイテムの徹底解…
  6. エアマックス狩りとはなんだったのか?日本を包み込んだエアマックス…
  7. ユニクロ+Jコレクション、吉祥寺店体験レポ!ジルサンダー氏の来歴…
  8. シュプリーム2021SSシーズンWeek 3アイテムの徹底解説!…

おすすめ記事

人気ストリートブランド「シュプリーム」のまとめ!新作毎週リリースの人気ブランド徹底解剖! プレ値でも欲しい!ノースフェイスのコラボアイテム4選! 近年のラグジュアリーブランドがロゴを前面に押し出す理由とは? ユニクロ+Jコレクション購入品レビュー!本家ジルサンダーやユニクロUとも徹底比較!

最新記事

大阪にあるロレックス正規店一覧! マルジェラ(Maison Margiela)×リーボック(Reebok)のスニーカーはこれがオススメ!狙い目モデルをご紹介! シュプリーム2022年SSシーズンWeek 18アイテムの徹底解説! 【初心者向け】ロレックスの最高級モデル「デイデイト」って何?!成功者の証である本モデルを解説! レイジーサンデーモーニングとはどんな香水?! マルジェラの大人気フレグランスを徹底解剖!
PAGE TOP