ラグジュアリー

ファッション界の中心はいつもディオール!歴史に残るトレンドを作り上げたディオールのデザイナーたち

服好きでなくとも知らぬ人の居ないトップブランド、ディオール(Dior)

1946年の創設以来、洋服からコスメティクス、香水販売など様々な事業展開を行なってきたディオールですが、同ブランドがファッション界においてどの様な影響をもたらしてきたのかを知る人は多くありません。

今回の記事では、歴代のディオールのデザイナーのうち、特に今日のファッション界にまで引き継がれる影響やトレンドをもたらした4名にフォーカスし、彼らの功績を紐解いてゆこうと思います。

■クリスチャン・ディオール


出典:theconversation

クリスチャン・ディオール(Christian Dior)は言わずと知れたディオールの創業者であり、戦後間もない1946年の創業以降、57年に心臓発作でこの世を去るまでのわずか11年の間に同ブランドをフランスにおけるファッションブランドの頂点にまで押し上げた人物です。

ブランド立ち上げの翌年である1947年2月、彼の発表したファーストコレクションはいきなり当時のフランスの服飾トレンドを覆すものとなりました。

ファーストコレクションの直前まで続いていた第二次世界大戦におけるフランスの服飾業界では資材不足により生地がしだいに配給制に。

1着の服に使える布地の面積も厳しく制限されるようになった当時のフランスの状況は、戦後もすぐには改善されず、ボールドルックと呼ばれる女性らしさが抑制されたストイックなスタイルが主流となっていました。

そんな最中、クリスチャン・ディオールがファーストコレクションで提案したのは、たっぷりと布地を使い女性らしさを最大限まで強調した「ニュールック」とよばれるものでした。

ニュールックの成功以降、毎シーズン様々なコレクションを発表し、その度にトレンドを作り出してきたクリスチャン・ディオールでしたが、中でも現代にまで引き継がれているファッションの常識とも言えるのが「Aライン」「Yライン」です。

「Aライン」はアルファベットの「A」の字のごとく頭部から胸にかけてはミニマルに、腰から足の先端にかけては徐々にシルエットが広がっていくスタイル。


出典:pinterest

「Yライン」では逆に上半身にボリュームを持たせ、下半身を細身に抑えるスタイル。

出典:jkjjd

ディオールが1955年に発表したこの2つのスタイルは、のちに加わった「Iライン」と共に、男女限らず現代において自身のファッションをおしゃれにする上での大原則として、どんなファッション指南書においても必ず言及されています。

■イヴ・サンローラン


出典:pinterest

1957年に52歳の若さでこの世を去ったクリスチャン・ディオールでしたが、彼が自身の後継者として育てていたのがイヴ・サンローラン(Yves Saint-Laurent)です。

ファッションデザイナー養成学校に通っていた当時17歳のサンローランは、コンクールのドレス部門での優勝をきっかけにクリスチャン・ディオールと出会います。

サンローランの類稀なる才能に感嘆したクリスチャン・ディオールは彼をファッションデザイナーとして開花させるべく手元に置いて育て始めます。

彼の元でどんどんと才能を開花させ、ディオールに「彼は特別な才能です。私は彼に認められたい」とまで言わしめたイヴ・サンローラン。

1957年にクリスチャン・ディオールが急死すると、わずか21歳の若さでブランドの後継者としてディオールの主任デザイナーに抜擢されることとなります。

突然フランスのトップブランドを率いることになり、多大なるプレッシャーに晒された若きイヴ・サンローランでしたが、58年に行われた彼主導での最初のディオールのコレクションは大成功を収め、フランスの新聞各社は「イヴ・サンローランはフランスを救った」「偉大なディオールの伝統は存続する」と称賛しました。

そんなイヴ・サンローランはその後徴兵と共にディオールを離れ、その後自身の名を冠したブランド「イヴ・サンローラン」を立ち上げます。

2008年に71歳で亡くなるまでファッション界に大きな影響を与えたイヴ・サンローランでしたが、そんな彼の多大なる功績の中でも、現在の服飾文化に大きな影響を与えているのが「女性のパンツスタイルの普及」「ファッションとアートの融合」だと言えるでしょう。

それまで男性の様に街着として女性がパンツスーツを着用することはタブー視されていた中、1968年にイヴ・サンローランは女性らしさを保ちつつ男性同様にスマートなパンツスタイル「シティ・パンツ」を発表。


出典:pinterest

世界から称賛されたこのスタイルは広く定着。
今日においては日本のリクルートスーツを含め、女性がパンツスーツを着ることは当然の常識として認知されています。

そして、現代のファッションシーンにおいては常識とも言える「ファッションとアートの融合」を最初に作り出したのもイヴ・サンローランです。

1965年の秋冬のコレクションにおいて、現代アーティストであるピエト・モンドリアンの絵画を大胆にドレスに落とし込んだアイテムを発表。

※「コンポジション」(1930年)

出典:colorfulnote

※イヴ・サンローランのモンドリアンルック

出典:ovninavi

今日のファッション業界において、ユニクロからルイ・ヴィトンまで古今東西のありとあらゆるブランドが日常的に行なっているアートを落とし込んだ洋服の文化はイヴ・サンローランによって作り出されたものなのです。

■エディ・スリマン


出典:hdmag

1990年代後期、ディオールのメンズ部門「Dior Monsieur」の人気はどん底まで落ちていました。
そんなDior Monsieur をディオール・オム(DIOR HOMME)として蘇らせたのがエディ・スリマン(Hedi Slimane)です。

エディ・スリマンのデザインの大きな特徴といえば、なんといってもロック・スタイル

ディオールに入る前はブランド「イヴ・サンローラン」でジーンズラインを担当していた
エディでしたが、彼がそこで作り上げたのがロックミュージシャンの様に細身でセクシーなスキニーデニム。

これが世界中で大ヒットしたことをきっかけに、エディは2001年、低迷していたディオールのメンズラインを立て直すべく引き抜かれます。

就任から2007年の退任まで、ディオール・オムでエディ・スリマンが一貫してテーマにしていたのが「ロック」「少年性」でした。

黒を基調としたレザージャケットや、サンローラン時代に一世を風靡したスキニーパンツを毎シーズンの様にUKロックバンドのメンバーに着せ、ランウェイショーも彼らの音楽と共に構築したことからディオール・オムの独特の世界観を確立しました。

彼の手掛けた細身のスタイルの中でも、特に現代において一般化しているのが前述のスキニーデニム。

出典:hungertv

より細く見せるために収縮色である黒色に仕上げたスキニーデニム、通称「黒スキニー」は、オシャレの基本とも言えるYラインやIラインシルエットを構築する上で非常に使いやすいアイテム。

今日におけるメンズファッションの定番として多くの男性のワードローブに1本は収まっていることでしょう。

■キム・ジョーンズ


出典:lepoint

2018年よりディオール・オムを担当するキム・ジョーンズ(Kim Jones)は、まさに現代のファッション界のトレンドを牽引している人物です。

2010年代から現在にかけてのファッション界の最も大きな潮流は「ストリートとラグジュアリーの融合」でした。

ジバンシィを率いたリカルド・ティッシがストリートの着こなしであるレイヤードスタイルをハイブランドのTシャツで行なったり、高価格帯のストリートブランド「オフホワイト(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」が台頭したりといった両者の融合は、キム・ジョーンズが押し進めた「コラボレーション」によって爆発します。

ディオールに就任する前、ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)のメンズコレクションを手掛けていたキムは、ファッション界の歴史的イベント、シュプリーム(Supreme)×ルイ・ヴィトンのコラボレーションを実現

同コラボレーションについて、詳しくは下記の記事で紹介しておりますが、一言だけ申し上げるならば、近年様々なブランドが大々的なコラボレーションを次々と繰り出す様になったきっかけは間違いなくキム・ジョーンズの功績によるものでしょう。

ルイ・ヴィトン×シュプリームというレガシーを打ち立てたキム・ジョーンズは盟友であるオフホワイトの創業者ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)にルイ・ヴィトンのメンズディレクターの座を引き渡すと、2018にディオール・オムのアーティスティックディレクターに就任。

ディオールにおける最初のコレクションから、ストリートと親和性が高い現代アーティストKAWSとのコラボレーションにより話題をさらったキムは、その後も高級スーツケースブランドリモワ(RIMOWA)や西海岸を代表するストリートブランドであるステューシー(Stussy)と次々とコラボ。

そして、直近で行われたナイキ(NIKE)のエアジョーダン1とディオールのコラボコレクション「Air Dior」は、2020年のファッション界最大のビッグイベントとなりました。


出典:jasonrodman

ファッション業界のコラボレーション文化は、キム・ジョーンズを中心にまだまだ続いてゆきそうです。

■さいごに

今回の記事では、特にファッション界のトレンドにおいて多大な影響を与えたディオールの歴代のデザイナーのうち、4名をピックアップし紹介致しました。

ただ、今回紹介した4名以外にも、歴代のディオールを彩った才能あふれるデザイナーはまだまだ存在します。

ディオールを退任後、現在は伝説的なブランドであるメゾン・マルジェラを率いるジョン・ガリアーノ
そしてエディ・スリマンの元で働いたのちにディオール・オムを担当し、現在はベルルッティのクリエイティブ・ディレクターを努めるクリス・ヴァン・アッシュなど、才能溢れるその他のディオール出身のデザイナーについても、是非別の機会にご紹介させて頂ければと思います。

関連記事

  1. スニーカーってどこで買う?初心者が実際に購入したサイトや方法をご…
  2. 2020年当サイトで注目したアイテム一覧!魅力的な数々のアイテム…
  3. 【初心者必見!】国内のシュプリーム店舗一覧!東京・名古屋・大阪・…
  4. アクセサリー初心者が選ぶべきアイテム3選!迷ったらまずはコレ!
  5. Off-Whiteの人気を支える5つの理由!ストリートシーンで圧…
  6. シュプリーム2020年FWシーズン Week 17アイテムの徹底…
  7. ハイブランド×スポーツブランドのコラボスニーカーをご紹介!
  8. シュプリーム2020年FWシーズン Week 15アイテムの徹底…

おすすめ記事

ネガティブ思考で陰気なキミにおすすめ!アンチソーシャルソーシャルクラブ(Anti Social Social Club)ってどんなブランド? Supreme出身のデザイナーが手掛けるブランド5選!実はあのブランドも?! Botなんていらない?!Botを使わずにSupremeの商品を購入する方法! 歴代ディレクターから見る、21世紀のルイ・ヴィトンが発信する多様性のあり方

最新記事

永久保存版!シュプリームとコラボしたナイキのスニーカーを32種一挙紹介! シュプリーム2020年FWのアウターを今買うならこれ!リセール価格やデザインを元にベスト5を選出! シュプリーム2020年FWのパンツを今買うならこれ!リセール価格やデザインを元にベスト5を選出! ラグジュアリーファッション界の覇権を握るL V M Hの総帥の素顔とは? シュプリーム2020年FWのクルーネックを今買うならこれ!リセール価格やデザインを元にベスト5を選出!
PAGE TOP