その他

バレンシアガとはどんなブランド?ストリートを席巻するメゾンブランドの歴史

今やシュプリームやオフホワイト、グッチなどと並び「ストリートファッションの代表格」として位置づけられているバレンシアガ(BALENCIAGA)。
しかし、若者を中心に絶大な人気を誇るバレンシアガが100年の歴史を持つメゾンブランドだったことはあまり知られていません。

今回はバレンシアガの今日までの歴史をもとに、今日の爆発的な人気の秘密に迫ってゆきます。

画像出典:buyma.us

■創業

クリストバルの生い立ちと創業まで

バレンシアガの創業者である、クリストバル・バレンシアガ(Cristóbal Balenciaga Eizaguirre)は1895年にスペインのバスク地方、ゲタリアという漁村で生まれます。
裁縫師だった母親の下で幼少期を過ごすうちに自身も洋服づくりに魅せられ、12歳の時には洋裁師見習いとしてキャリアをスタートします。

彼のその後の人生を決定付けたのは10代後半の時。
当時ゲタリアいちの高貴な身分を持っていたカーサ・トーレス伯爵夫人のスーツをリメイクしたことをきっかけに、伯爵夫人はクリストバルの顧客兼パトロンとなります。

伯爵夫人はクリストバルが洋裁師としての修業を積むためにマドリードへ行く際もパトロンとして資金援助を行っています。

バレンシアガの創業

画像出典:4travel.jp

マドリードでの数年間の修業を経て24歳になったクリストバルは、自身の初のブティックを1919年に開店

彼が作るプロダクトはスペイン王室や貴族から愛され、若くして成功を収めたクリストバルはバルセロナやサン・セバスティアン(リゾート地)にも支店を開きます。

1936年にスペイン内戦が勃発し閉店を余儀無くされると、彼は活動拠点をパリに移し、翌年パリのジョルジュ・サンク通りにブティックを開店。

以降、バレンシアガはパリを本拠地としています。

■パリでの成功からクリストバルの引退まで

革新的なデザイン

パリで女性向けのオートクチュール(パリ・クチュール組合加盟店で注文により縫製されるオーダーメイド一点物の高級服)を制作していたクリストバルは、時代を先取りした革新的なデザインを取り入れることで人気を博します。

1950年代当時、クリスチャンディオールの影響でウエストを絞った曲線的なデザインが流行していたのに対し、バレンシアガは 1955年のチュニックドレスや1957年のサック・ドレスなど、平面的なフォルムの作品を発表し、業界に衝撃と多くの支持を得ています。

トレンドを見極める類いまれなクリエイション

余談ですが、1940年代の世界大戦の影響で物資が不足していた中、布量の節約から生まれた直線的な「ボックスライン」ファッションに対し、終戦直後の1946年創業のディオールはあえて大量の布をぜいたくに使い、ウエストを絞って女性的な曲線ラインを強調したデザインを発表して人気を博しています。

画像出典:vickiarcher.com

「ニュールック」と呼ばれたこの曲線的なデザインが流行する中、1955年にクリストバル・バレンシアガが平面的な直線フォルムのドレスを発表することで再び直線ラインが脚光を浴びるさまはまさしく「トレンドは繰り返す」さまを表しているように思えます。

クリストバルの引退

常に斬新でトレンドを先取りしていたクリストバルは「クチュール界の建築家」と呼ばれ、以降、30年にわたってバレンシアガはココ・シャネルやジョン・F・ケネディ元アメリカ合衆国大統領、そしてその妻のジャクリーンといった著名人や上流階級から愛されます。

1968年にクリストバルはパリ、バルセロナ、マドリードなどのバレンシアガ店舗を閉めて人々に惜しまれながら引退を表明します。

■低迷期

引退後、1972年にクリストバル・バレンシアガはスペインのハベアでその生涯を閉じる事になります。

クリストバルの死後、香水販売で知られるジャック・ボガート(JACQUES BOGART)がブランド「バレンシアガ」を所有。

1986年までは香水ブランドとして存続し、87年からプレタポルテ(既製服)コレクションを再スタートします。

画像出典:parool.nl

1992年からはジョセフュス・メルキオール・ティミスター(Josephus Melchior Thimister)がデザイナーに就任するも、彼のコレクションは世間の評判も芳しくなく、その後5年にわたってバレンシアガは低迷期を迎えることとなります。

■再起

ニコラ・ジェスキエールによる再起

画像出典:archives.lesechos.fr

1997年、ジョセフュス・メルキオール・ティミスターがバレンシアガの低迷を理由に解雇されると、後任として僅か26歳の若さでニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquière)が、バレンシアガのクリエイティブディレクターに就任します。

ニコラは高校卒業後、70年代を代表するデザイナーであるジャンポールゴルチエの下で経験を積み、95年よりバレンシアガで働いていました。
彼が26歳の若さでバレンシアガの顔に抜擢されると、バレンシアガ初のクリエイティブディレクター(デザインのみならずマーケティング戦略、広告、ショップデザイン等の、ブランドイメージに関わる作業を全て統括するポジション)として、ニコラは1998年春夏コレクションをわずか4か月でゼロからデザイン。
デビューコレクションから世界に衝撃を与えます。

ニコラのデザインするハイウエストのスキニーパンツとボリュームのあるブルゾンの組み合わせや、渦巻くように広がった袖口を持ったタイトなウールのジャンプスーツなどから見られる抜群のコントラスト感覚によって、バレンシアガは息を吹き返します。

ニコラのその後

バレンシアガの今日の復活は、ニコラなくしては存在し得なかったと言えるでしょう。

2013年にバレンシアガのデザイナーをアレキサンダー・ワンに引き継ぐと、彼はルイ・ヴィトンのウィメンズ部門アーティスティックディレクターに就任しています。

ルイ・ヴィトンにおけるニコラの活躍は、別記事に詳しく記載しております。

■アレキサンダー・ワン期

画像出典:lipstiq.com

ニコラ・ジェスキエールの後任としてバレンシアガのクリエイティブディレクターに就任したアレキサンダー・ワン(Alexander Wang)については、彼の名を冠したブランドや、ユニクロ、アディダスとのコラボなどからご存じの方も多いでしょう。

台湾系アメリカ人のファッションデザイナーとして知られる彼は、2007年から開始した自身のブランドの成功を元に、2013年にバレンシアガに招聘されますが、ワンの手掛けたバレンシアガの評価は高くなく、最初の契約期間の更新は行われず、わずか2年で退任となります。

人気が出ないとみるや早々にディレクターを切り替えたバレンシアガは、ジョセフュス・メルキオール・ティミスター期において、ブランドが低迷していたにも関わらず、5年にわたってズルズルとジョセフェスを続投させ続けた反省があるのかもしれません。

■デムナ・ヴァザリア期

画像出典:fashionweekdaily.com

最後に、今日のバレンシアガを率いるデムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)についてご紹介致します。

デムナ・ヴァザリアは1981年旧ソビエト連邦のグルジア生まれのデザイナー。
2001年、ドイツのデュッセルドルフへ家族とともに移住し、2006年、数々の世界的デザイナーを輩出していることで知られるアントワープ王立芸術アカデミー、ファッションデザイン学科修士課程を卒業しています。

卒業後の2009年には、アントワープ卒の中でも伝説的なデザイナーとして知られるマルタン・マルジェラ率いるメゾンマルタンマルジェラに入社。

マルジェラが2010年にブランドを去るまでの僅か1年で、「彼から様々な事を学んだ」とのちに語っています。
クリエイティブディレクターであるマルタン・マルジェラが去った後の「メゾン・マルジェラ」でデムナは2013年まで女性のコレクションを担当、その後ルイ・ヴィトンに移籍します。

ルイ・ヴィトンではマーク・ジェイコブス、そして元バレンシアガのニコラ・ジェスキエールのもとで修業を積むと、2014年、自身のブランド、ヴェトモン(VETEMENTS)を立ち上げます。
その後、ヴェトモンと並行して2015年にアレキサンダー・ワンの後任としてバレンシアガのクリエイティブディレクターに就任、今日に至っています。

■さいごに

バレンシアガの今日における爆発的な成功は、主にデムナによってストリートに舵を切ったクリエイションによるものが大きいでしょう。

画像出典:hypebeast.com

「ダッドスニーカー」のはしりとなったトリプルSや、インスタ映えを意識したロゴマークの変更によって、バレンシアガは歴史あるメゾンブランドから「ラグジュアリーストリート」ブランドとして若者を中心に広く認知されるようになりました。

デムナ・ヴァザリアのデザインコンセプトは「破壊的なファッションの作成」

2017年秋冬のバレンシアガのコレクションには、典型的なオートクチュールの手法を根本的に再設計し、前衛的な外観を取り入れたデザインが多分に含まれています。

クリストバル・バレンシアガやニコラ・ジェスキエールが作り上げてきたバレンシアガをデムナ・ヴァザリアがどう「壊す」のか、今後も目が離せません。

関連記事

  1. シュプリームやユニクロ/ビリー・アイリッシュコラボでも話題!村上…
  2. プレ値でも欲しい!ノースフェイスのコラボアイテム4選!
  3. 2020年10月前半 編集部の注目オススメアイテム!あの激アツア…
  4. シュプリーム2020年FWシーズン Week 8アイテムの徹底解…
  5. ファン必見!オフホワイトやヴァージル・アブローのコラボアイテム!…
  6. プレ値で購入!グレイトフル デッド × ナイキ SB ダンクロー…
  7. 音楽アーティストが手がけるファッションブランド7選!アナタはいく…
  8. シュプリームのTシャツが4ドルでスーパーに並んだ珍事件!シュプリ…

おすすめ記事

ファッション初心者必見!初心者にもオススメなストリートブランド7選! プレ値でも欲しい!ノースフェイスのコラボアイテム4選! シュプリーム2020年FWシーズン Week 5アイテムの徹底解説! バレンシアガとはどんなブランド?ストリートを席巻するメゾンブランドの歴史

最新記事

シュプリーム2020年FWシーズン Week 9アイテムの徹底解説! 2020年10月後半 編集部の注目オススメアイテム!ハロウィンに関連したアイテムが登場?! NBAとルイ・ヴィトンのコラボレーション!注目コラボの開幕は優勝トロフィーケースから! ハイブランド×スポーツブランドのコラボスニーカーをご紹介! シュプリーム2020年FWシーズン Week 8アイテムの徹底解説!
PAGE TOP