ROLEX

【初心者向け】ロレックスの人気モデル「シードゥエラー」と「ディープシー」とは?!「深海」に適応するプロ仕様モデルながらも日常使いも良し!

メディアでも特集されるほどの加熱ぶりを見せる人気時計メーカー、ロレックス(ROLEX)。
今回はそんなロレックスが誇る人気のプロフェッショナルモデルである「シードゥエラー」及び「ディープシー」、について解説していきます。

シードゥエラーとディープシー

シードゥエラーの誕生

シードゥエラーは1967年に登場した「深海」をテーマにしたモデルです。
当時はすでに「サブマリーナー」が登場していた時期です。

しかしサブマリーナーを着用していたダイバーが高深度の潜水を行った際に風防が破損してしまうというアクシデントがあったそうです。
これに伴いロレックス社は「高深度の潜水」に耐えうるモデルの開発に着手。
当時としては破格の深度610mまでの耐久性度を誇ったシードゥエラーが誕生しました。
その後、度重なるモデルチェンジで深度1220mまでの耐久性を誇るようになります。

ディープシーの誕生

前述したように、プロダイバーモデルとして圧倒的な耐久性を誇ったシードゥエラーですが、技術の目覚ましい進化によって他社でも同じような水深をカバーできる時計が登場し出しました。

そこでロレックスは2008年には3900mまで耐久しうるシードゥエラーである「ディープシー」を発表します。
この「ディープシー」の登場で一度はシードゥエラーが廃盤(ディスコン)になりました。
しかしこの圧倒的なまでのハイスペックを追求した結果、金額などを含め一般のお客さんにはあまり好評ではないという事態に陥ります。
そうした声に答えて、「シードゥエラー」が2014年に復活。
2017年に誕生50周年を祝してモデルチェンジを果たし、現在に至ります。

シードゥエラー(ディープシー)の人気

シードゥエラーは、日常でも使いやすくかつ実用的な防水機能を備えたモデルといえます。
43mmというケース径を誇り、サブマリーナーとは大きさが大分違って見えます。
厚さも16mmとガッチリした印象で、男性らしいモデルになっているという印象です。
またディープシーはさらに大きくケース径は44mm、重さにして約222gというモデルに仕上がっています。

プロフェッショナルモデルに列せられる通り、人気のモデルですが比較的入手はしやすいモデルだと言われています。
プロ仕様のハイスペックなモデルを選ぶのであればサブマリーナーよりシードゥエラー(ディープシー)が人気です。

赤シードゥエラー通称「赤シード」とは

シードゥエラーに関して検索している初心者の方で、「赤シード」と呼ばれる単語を見かけたことはないでしょうか。
「赤シード」とはその名の通り、「赤 シードゥエラー」のことです。
この個体群は現行のシードゥエラーではなく、一番最初のモデルであるRef.1665で見られるものです。
Ref.1665にはSEA-DWELLERの文字とSUBMARINER2000の文字の両方が赤文字になっている個体があり、このことから「赤シード」と呼ばれています。
プレミアの付く個体で非常に珍しいです。

有名人のシードゥエラー(ディープシー)着用

世界の名だたる有名人の中にも、勿論シードゥエラー(ディープシー)の愛用者が多くいます。
プロゴルファーのタイガー・ウッズや映画監督のジェームズ・キャメロン、俳優の哀川翔などが着用しています。

シードゥエラーとディープシーの現行モデル一覧

そんな魅力的なシードゥエラー及びディープシーですが、現行のモデルは以下のようになっています。

シードゥエラー Ref.126600


出典:rolex

・定価 1,433,300円

逆回転防止ベゼルを搭載した現行モデルがRef.126600。
サブマリーナーが300mまでの水深強度を誇るのですが、シードゥエラーは水深1220mまでの防水性能を誇ります。
パワーリザーブは70時間でcal.3235を積んだ正に「プロフェッショナル」なモデルです。

ディープシー Ref.126660


出典:rolex

・定価 1,365,100円

リファレンスナンバーは一緒のディープシー。
シードゥエラーの一種という扱いになっていますが、文字盤を見ればわかる通りDEEPSEAの緑の文字が刻まれています。
また青みがかった色も特徴的です。
そして最大の特徴は水深3900mまで耐えうる性能です。
シードゥエラーと比べ、約3倍以上の性能を誇る本当のプロモデルといえます。

ディープシー Ref.136660


出典:rolex

・定価 1,538,900円

2022年最新モデルとしてリリースされているディープシー Ref.136660。
日付の窓が大きくなっており、視認性がアップしています。

シードゥエラー及びディープシーまとめ

以上、ロレックスの人気モデル「シードゥエラー」及び「ディープシー」について解説していきました。
初心者の方向けの記事になりましたが、少しでもお役に立てれば幸いです。

当サイトではデイトナや、プロフェッショナルモデルについての記事を執筆しております。
今後もロレックスの記事を執筆予定ですので、定期的に覗いてみてください。

ゆー

投稿者の記事一覧

2020年より独立し、個人事業主としてサイト作成やSEO、ネット広告運用を行うIT事業を開始。
東京から引っ越し、現在は大分県別府市に在住。
ROLEXとOFF-WHITEにお熱。

関連記事

  1. 金無垢のロレックスってどういう意味?「ステンレス」「金無垢」「コ…
  2. 【2022年】ロレックスを初めて購入するのにおすすめのモデル5選…
  3. ロレックス2021年新作発表!5つのモデルをピックアップしてチェ…
  4. 【初心者向け】ロレックスの人気モデル「エクスプローラーⅡ」って何…
  5. ロレックスをレンタル?!レンタル時計のモデルや価格をチェック!
  6. 近畿地方にあるロレックス正規店一覧!大阪以外の5店舗をご紹介!
  7. 【初心者向け】ロレックスの人気モデル「スカイドゥエラー」とは?!…
  8. 新宿のロレックス正規店一覧!東京でも有数の豊富な店舗数!

おすすめ記事

SNKRS抽選で当選のオフホワイトAJ4レビュー!スニーカー到着までの時間等もご紹介! ユニクロUの2020年秋冬新作!ストリートスタイルにもバッチリな、マストバイアイテム3選! シュプリーム2021SSシーズンで編集部が注目するアイテムはこの25種! ユニクロ+Jコレクション購入品レビュー!本家ジルサンダーやユニクロUとも徹底比較!

最新記事

【電撃退任】スノーピーク山井梨沙社長の辞任は何がやばいのか?! 過去事例とともに問題点を徹底検証 まるで宗教?! 山井梨沙前社長も話題な人気アウトドアブランド「スノーピーク」とはどんなブランド? シュプリーム2022年FWシーズンWeek 4アイテムの徹底解説! 【2022年】ロレックスを初めて購入するのにおすすめのモデル5選!金額・入手難易度の観点からご紹介! 【今さら聞けない】ユニクロUのクリストフ・ルメールってどんなデザイナー? 手がけたファッションブランドや経歴を徹底解説!
PAGE TOP