ニューバランス

ニューバランス500番台を徹底解説! 初代555から人気の574や576まで名作スニーカーを発売順にご紹介!

ニューバランス 500番台 574 576

「ファッション好きが履くスニーカー」として人気が再燃しているニューバランス(New Balance)
アイコンとも言えるNの文字とちょっと「いなたい」デザイン。そしてもちろん抜群の履き心地。

そんなニューバランスの中でも990と並び人気なのが所謂「500番台」と呼ばれるシリーズ。
オフロード(舗装されていない道)に合わせ、頑健でアウトドア向きな500番台は、574576を中心にニューバランスの王道スニーカーとして君臨しています。

今回の記事ではそんなニューバランスの500番台の主なモデルを発売順に徹底解説。
多くのファッション関係者やセレブも愛した名作たちを余すところなくご紹介致します!

ニューバランス 990 歴代
ニューバランス990シリーズを徹底解説! 初代990から人気の996、最新の990v6まで名作スニーカーを発売順にご紹介!歴代ニューバランス990シリーズを発売順に総まとめ。990の歴史/豆知識/人気の理由などをまとめました。ニューバランス初心者にも、990シリーズをもっと知りたい人にもオススメの記事です。...

■ニューバランスの各モデルについて

ニューバランス 番台 500 900 1000

ニューバランス500番台のスニーカーたちを紹介する前に、簡単にニューバランスのシューズの名前について解説します。

ニューバランスにおいてはスニーカーの名前を数字とアルファベットの組み合わせで表現するのが一般的。
オフロードでの走行の安定を追求した500番台や最新のテクノロジーを詰め込んだラグジュアリーな1000番台
そして舗装路向けに作られた900番台などが主なシリーズとして知られています。

ニューバランス スタイルコード 番台  見分け方

また、ニューバランスのシューボックスなどに記載されるスタイルコードを見ると、そのアルファベットや数字によってどんなスニーカーなのかある程度予想することが可能です。

500番台や900番台の数字に加え、数字の前に入る「M(男性向け)」「W (女性向け)」「ML(メンズライフスタイル)」「BB(バスケットボール)」といったアルファベットが組み合わさります。

また、細かな品番としては数字の後に加えられる「L(レザーが使われている)」「B (配色がブラック)」などの表記。
中にはブランドとのコラボや特別なコレクションものの場合、数字のあとに同ブランドやコレクションのイニシャルを加えることもあります。

エメレオンドレ ニューバランス 990
ニューバランス990v3 GP3 BY TEDDY SANTISをエメレオンドレでゲット! 国内未発売モデルを詳細レビュー!ニューバランス990v3の新カラーをエメレオンドレ(Aimé Leon Dore)で購入。"MADE in USA"コレクションのスニーカーをレビューしました...

こうした基礎知識を持った上でニューバランスのシューズを見ると、よりスニーカーライフを楽しめるはず。
それでは前置きはこの辺にして、次項からはニューバランスの500番台シリーズを一挙解説致します!

ニューバランス 500番台 人気 歴史

■M555(1982年)


出典:picclick

500番台の記念すべきファーストモデルとなる本作は1976年発売のトレイル355が原型。
アウトドアユースを想定したアーチサポートによるホールド感とゆったりめの足幅が特徴的な1足となりました。

■M565(1985年)


出典:walkerplus

M555をベースにオン/オフロード問わず高いグリップ力を持つアウトソールを搭載。
廉価版となるML565ものちにリリースされ、クラシックなランニングシューズとして人気を博しました(写真はML565)

■M575(1987年)


出典:k-skit

本モデルあたりから「オフロード」というコンセプトが明確に。アウトソールは凸凹道でもへっちゃらな深めの刻みが搭載され、トレイルランニングにぴったりなシューズとして注目されました。

■M576(1988年)


出典:store.shopping.yahoo

M575の翌年にリリースされたこのM576は普段使いのしやすいカラーバリエーションや素材感から人気が沸騰。
「ニューバランスといえばこれ」と語る人も多く、現在でも絶大な知名度を誇る品番となっています。

ニューバランスとしては珍しいスムースレザーを使ったモデルが多く、本格的な革靴にも劣らない風合いはフォーマルスタイルにもマッチします。

■P550(1989年)


出典:snkrdunk

1989年、ニューバランスからアスリート向けのバスケットボールシューズPRIDE550(通称P550)がリリース。
その後2020年にエメレオンドレが復活させるまで、長きにわたって幻のモデルとなっていたモデルです(写真はエメレオンドレによる復刻版)
その後本モデルをベースにBB550というバッシュがリリースされ、こちらは高い知名度を持っています。

オフロードモデルを指すことの多い500番台にカウントするかは意見が分かれるところです。

■M577(1990年)


出典:carolinagelen

小ぶりなNの文字が特徴的な隠れた名作がこのML577
人気な576や574と比べるとすっきりとしたシャープな見た目が特徴的。
当時最新技術としてアッパーに搭載された「ハイトレル」はのちにM997にも採用されました。

■M530(1993年)


出典:sneakers.moonitem

ランニングシューズとして登場したM530
574と同じくエンキャップをミッドソールに搭載し、高い安定性とクッション性を誇っています。
同作よりものちにMR530の名で2000年にリリースされたモデルが有名です。

■574PROTO(1990年代前半)


出典:houyhnhnm

ニューバランス史上最も売れた574にはプロトタイプがありました。
ニューバランスのアーカイブコレクションで発掘されたこの幻の574は「MLP574」=“Lost Proto”と名付けられ2017年に復刻発売されました。

■M585(1995年)


出典:tradesport

1995年発売のM585はミッドソールに搭載されたロールバーが着地時の沈み込みを防ぎ、より安定したオフロードモデルとして登場。
Made in USAの本モデルはニューバランスお膝元アメリカのクラフトマンシップ溢れた1足です。

■MT580(1996年)


出典:endclothing

アメリカで販売されていた585の改良品番としてニューバランスジャパンが開発し、トレイルランのみならず日本のストリートシーンを席巻したスニーカーです。
当時コラボモデルも数多くリリースされたMT580は当時のニューバランスの象徴的品番だと言えるでしょう。
2013年にはアップデートモデルとしてMRT580、2019年にはMTX580もリリースされました。

■ML574(1999年)


出典:ssense

全ニューバランスのシューズの中で最も売れているのがこの574
576と共に「これぞニューバランス500番台」と称されることも多いこのシューズは、ニューバランスとしては破格の安さも魅力のひとつ。
それゆえ流通量も多く、カラーバリエーションも他のモデルを圧倒する豊富さ。

永遠の定番として必ず1足は持っておきたい品番です。

■MR530(2000年)


出典:ssense

フィットネスブームの高まりと共に生まれたMR530
目の荒いメッシュアッパーが目立つレトロなのにテック感のある見た目は、ダッドスニーカーが流行った近年において韓国を中心に人気に火がついたモデルです。

なお、1993年発売のM530とはまったく別のモデルなのでご注意を。

■ML501(2011年)


出典:locondo

ニューバランスのスニーカーで最も売れた574の兄弟分として生まれたのがこの501
足首やつま先、踏みつけ部分が574より広めにとられており、ゆったりとした履き心地が特徴的です。海外限定モデルです。

■ML515(2014年)


出典:locondo

ニューバランスの提案する「新しいクラシック」として生まれたのがML515
手の出しやすい価格感が人気のML(メンズライフスタイル)モデルとしてリリースされ、アンダー1万円で入手できるのが大きな魅力です。

■U520(2017年)


出典:locondo

1970年代に数年間だけ稼働していたニューバランスのアイルランド工場で生産されていたモデルが2017年に復刻。
そしてこのシューズは復刻のタイミングで「520」のナンバーをつけられたモデルとなっています。

こちらはオリジナルとは異なりアジア工場での生産ですが、レトロな見た目は当時のままです。

■MT510(2019年)


出典:buyma

アウトドアコレクション“New Balance All Terrain”で発表されたMT510は日本未展開モデル。
韓国を中心にリリースされており、アッパーとメッシュのつなぎ目が平坦で近未来的な印象を与えます。

■ML570(2020年)


出典:rakuten

軽量かつクッション性に優れたレブライトソールを搭載した570
アウトソールにはXAR1000カーボンを入れることで耐磨耗性をアップするなど、レトロな見た目とは裏腹にかなり機能性の高い1足となっています。

■ML527(2020年)


出典:livedoor

70年代のトレンドだったフレアシルエットに合わせて作られた527はフレアが再びトレンドになりつつある2020年代にぴったりの1足。
574よりも少し細身のシルエットが特徴的です。

■BB550(2021年)


出典:newbalance

1989年リリースのバッシュ、P550を元に2021年にリリースされたBB550
発売当初から高い注目を集め、ボリューム感のある見た目は大人気となりました。

■M57/40(2021年)


出典:fashionwalker

大人気モデル574と、1994年に登場した650を掛け合わせたスニーカー。
クラシックなアッパーとウェイビーでボリューミーなソールの組み合わせが洗練された印象を与えます。

2020年以降のボリュームソール人気に伴い、注目を集めているモデルです。

■その他:GM500(量販店モデル)


出典:amazon

薄めのソールが特徴的なGM500は値段設定がかなりリーズナブル。
東京靴流通センター、シュープラザなどのチヨダ系列もしくはAmazonのみで販売されている、いわゆる量販店モデルです。

正式なニューバランスのスニーカーというよりはライセンス品ではあるものの、安価にニューバランスのランニングシューズをゲットしたい方にはオススメの1品です。

■さいごに

今回の記事ではニューバランスの500番台モデルのうち主なものを発売順にご紹介致しました。

今後ますますトレンドとなってゆくニューバランスのスニーカー。
その中でも500番台は990シリーズと並び絶対に1足は持っておきたいシューズです。

ファッションアーカイブ.comでは他にも様々なスニーカーの歴史や購入レポートなどを掲載。
是非他の記事もご覧頂けますと幸いです。


New Balance 2002R "Protection Pack"
ニューバランス プロテクションパック M2002RDA "RAIN CLOUD"をプレ値でゲット!大人気スニーカーを徹底レビュー!ニューバランス プロテクションパック M2002RDA "RAIN CLOUD"を徹底紹介。 実際に手元に届いたアイテムを、外見から履き心地まで詳細レビューしました。...
トラヴィススコット エアジョーダン1 black phantom 購入 レビュー
エア ジョーダン1 LOW x Travis Scott Black Phantomレビュー!2022年年末の超話題作を徹底レビュー!エア ジョーダン1 LOW x Travis Scott Black Phantom当選! 詳細をレビューしました。...
スタンスミスとは 歴史 人気 理由
【今更聞けない】adidasのスタンスミスとはどんなスニーカー? 世界一売れたシューズの歴史や特徴を徹底解説!adidasのスタンスミスの歴史/豆知識/人気の理由/着用している芸能人などをまとめました。スタンスミス初心者にも、今からスタンスミスを買おうとしている人にもオススメの記事です。...
ABOUT ME
しゅー
2022年まで約6年間にわたって大手IT系企業に在籍。ファッションブランドやゲーム会社のマーケティング、カスタマーエクスペリエンス強化、海外進出を支援。Supreme、スニーカー、ラグジュアリーストリートが大好物。