ラグジュアリー

ラグジュアリーファッション界の覇権を握るL V M Hの総帥の素顔とは?

「LVMH モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン」(通称:LVMH)は、ルイ・ヴィトンやディオールなど、世界に名だたるファッションブランド、ドンペリやヘネシーのような酒造ブランドなど、計75のブランドを擁する世界最大級のアパレルコングロマリットです。

コングロマリット(conglomerate)とは、直接の関係を持たない複数の業種、業務、ブランドが一同に介した企業体のことを指します。

ファッション業界においては、カルティエやダンヒルを擁するリシュモン、グッチやバレンシアガ、プーマなどを擁するケリング、そしてLVMHの3つが御三家コングロマリットとして凌ぎを削っています。

そんな御三家の中でも最大級である6兆円の売り上げ(2019年度)を誇り、ファッション業界のみならず世界中のビジネスシーンにおける多大な影響力を持つLVMHグループの総帥を務めるベルナール・アルノーの戦略や歴史を、本記事にてご紹介致します。

■LVMHグループの保有するブランド

LVMHを知らなくてもルイ・ヴィトンを知らない方はほとんど居ないでしょう。

同様にディオールやセリーヌ、ジバンシィやKENZOといったラグジュアリーブランド、はてはドンペリの愛称で知られるDom Pérignonやヘネシーといった高級酒ブランド、そして世界で最も人気を誇るスーツケースメーカーであるリモワや時計大手のタグホイヤーなど、世界で知らぬ人の居ない多くのブランドを擁するLVMHは、実に75ものブランドを保有しています。

なお、LVMHはトップ主導による激烈な買収攻勢でこれらの多くのブランドを手中に収めてきましたが、グッチやエルメスなど、いくつかのトップブランドについては買収に失敗しています。

■LVMHグループの歴史

-カリスマCEO -ベルナール・アルノー

画像出典:

sports.yahoo.com

LVMHの歴史はベルナール・アルノー(Bernard Arnault)の歴史と言い換えても過言ではないでしょう。

「ファッション界の法王」「カシミヤを着た狼」などの異名を持ち、その類稀なビジネスの手腕と、個人資産で約11兆円という破格の財力を元に次々とブランドをLVMHに飲みこんできたベルナール・アルノーは、御年70歳を超えた現在においてもLVMHグループの総帥として辣腕を奮っています。

-アルノーの軌跡-

ベルナール・アルノーは1949年にフランスの北部の町ルーベで生まれました。

フランスNo.1の大学機関であるエコール・ポリテクニークにて工学の学位を取得した後、彼の家族が経営する建設会社「Ferret-Savinel」でキャリアをスタートします。

入社から僅か5年後、父親に建設部門を清算し、不動産市場に参入するよう提言。
元の社名の頭と尻尾を取ってフェリネルと名づけられた新会社はリゾート用の宿泊施設経営を基盤に成長。

アルノーは1974年に同社の取締役、1977年には最高経営責任者に就任しました。
1984年、アルノーはクリスチャンディオールをはじめとするアパレルや紡績会社を保有するフィナンシエールアガチェ(Financière Agache)を買収し、ラグジュアリー市場に参入します。

彼は同社のディオールを除く他のすべての事業を売却し、その収益を利用しさらなる買収を仕掛けた結果、フェンディ、タグ・ホイヤー、ブルガリといったラグジュアリーファッションブランドを手中に納めます。

その後、1987年のモエ へネシーとルイ・ヴィトンの合併によってLVMHグループが誕生。
アルノーがCEOに着任します。

その後もKENZOやロロピアーナといった世界的なブランドを次々と手中に収め、LVMHグループは成長を続けています。2019年にはティファニーを約1兆7千億円で買収し、世界中を驚かせました。

■アルノー一族によるLVMHグループの支配

ベルナール・アルノーには5人の子供がおり、最年少のを除く4人の子供はそれぞれLVMH
グループの要職に就任しています。

-デルフィン・アルノー-

画像出典:

lvmh.co.jp

長女であるデルフィン・アルノー(Delphine Arnault)は、グループの主幹ブランドであるルイ・ヴィトン製品を管轄すると共に、既にLVMHの執行委員会に名を連ねており、時期総帥を有力視されています。

-アントワーヌ・アルノー-

画像出典:

p.fashionnetwork.com

アントワーヌ・アルノー(Antoine Arnault)はデルフィンの弟にして、メンズウェア大手であるベルルッティの最高経営責任者であり、ロロピアーナの会長でもあります。

また、上記に加え2018年には、LVMHグループ全体のコミュニケーション&イメージ責任者にも任命されています。

-アレクサンドル・アルノー-

画像出典:

coveteur.com

アレクサンドル・アルノー(Alexandre Arnault)はベルナールの2番目の妻であるヘレン・メルシエ(Helene Mercier)の息子であり、高級スーツケースブランドであるリモワ(rimowa)のCEOを務めています。

友人であり、米スナップチャットの最高責任者を務めるエヴァン・シュピーゲル(Evan Thomas Spiegel)から「常にブランドとその表現方法を考えており非常に創造的な男」と評される彼は、近年シュプリームやオフホワイトといったトップストリートブランドとリモワのコラボを実現し、従来のリモワファンのみならず、世界中のストリートキッズを魅了しています。

-フレデリック・アルノー-

画像出典:

hodinkee.jp

アレクサンドルの弟であるフレデリック・アルノー(Frederic Arnault)は、Facebookとマッキンゼーのインターンで修行を積んだのち、2018年にLVMHが保有する最大の時計ブランドであるタグホイヤーの戦略及びデジタルディレクターに就任しました。

-ジャン・アルノー-

画像出典:

businessinsider.com

5兄弟の末っ子であるジャン・アルノー(Jean Arnault)は、その若さからか、兄弟のうち唯一LVMHグループに参画しておりません。

■さいごに

ベルナール・アルノーは、その冷徹なまでの買収攻勢と、買収後の不採算事業や部門の徹底した整理によって各社の企業価値を高め、グループを巨大にしてきた人物です。

現在既に70を超えていることから、将来的にLVMHを率いる人材に育て上げるべく、近年自身の子供を次々とグループに参画させています。

同族経営に対し否定的な方もいらっしゃるでしょうが、自身を世界トップ3の大富豪まで引き上げ、世界最大のアパレルコングロマリットを一代で築きあげた男のそばに生まれた時から居るということは、LVMHに身を置く上でどんな経験や知見にも及ばないアドバンテージだとも言えるでしょう。

アルノー一族の率いるLVMHグループの今後にも目が離せません。

関連記事

  1. 100周年を前に破綻した名門スニーカーブランド「コンバース」の転…
  2. Supremeの人気を支える5つの理由!ブランド人気の秘密に迫る…
  3. NIGO®×ルイ・ヴィトン LV スクエアード コレクション!編…
  4. プレ値で購入!グレイトフル デッド × ナイキ SB ダンクロー…
  5. ハイプなスニーカーの争奪戦に疲れたあなたにオススメ!エンダースキ…
  6. SNKRS抽選で当選のオフホワイトAJ4レビュー!スニーカー到着…
  7. ファン必見!オフホワイトやヴァージル・アブローのコラボアイテム!…
  8. シュプリームやユニクロ/ビリー・アイリッシュコラボでも話題!村上…

おすすめ記事

Supreme Italiaとは?合法的な偽物ブランドの驚愕の実態! 初めてのSNKRS抽選でまさかのオフホワイトAJ4当選?!気をつけるべき点は○○?! シュプリーム2020年FWシーズン Week 5アイテムの徹底解説! Off-Whiteの人気を支える5つの理由!ストリートシーンで圧倒的支持を受けるブランドの戦略とは

最新記事

シュプリーム2020年FWシーズン Week 9アイテムの徹底解説! 2020年10月後半 編集部の注目オススメアイテム!ハロウィンに関連したアイテムが登場?! NBAとルイ・ヴィトンのコラボレーション!注目コラボの開幕は優勝トロフィーケースから! ハイブランド×スポーツブランドのコラボスニーカーをご紹介! シュプリーム2020年FWシーズン Week 8アイテムの徹底解説!
PAGE TOP