その他

100年の歴史を持つ王道スニーカー!コンバースの歴史と定番スニーカーのご紹介!

知らぬ人の居ない永遠の定番ローテクスニーカーブランド、コンバース。

100年前にアメリカの北部、マサチューセッツで生まれたこのブランドのスニーカーは、時を経ても色あせることのないデザインが世界中で愛され、年間収益2,000億円を稼いでいます。

今回の記事では、そんなコンバースの歴史や、代表的なシューズについてご紹介致します。

■天然ゴムソールの誕生

-チャールズ・グッドイヤーの発見

コンバースの歴史を語るのであれば、まずは天然ゴムの加工技術「バルカナイズド製法」について触れなければならないでしょう。

アメリカ合衆国ペンシルベニア州のチャールズ・グッドイヤーはフィラデルフィアで金物店を営んでいましたが、1837年よりおよそ7年に渡ってアメリカ全土の景気を大きく後退させた金融恐慌の影響を受け、生活が困窮するほどに経営は落ち込んでいました。

画像出典:

tonsoffacts.com

そんな彼は経営を立て直す道筋を天然ゴムに見出し、日々商業利用の道を探って研究を続けていました。

ある日グッドイヤーが硫黄を混ぜた天然ゴムのサンプルを誤ってストーブに落とした時、ゴムが溶けることなく焼けたことから、温度変化によって軟化せず弾力性に優れていることに気がつきました。

-トーマス・ハンコックと製法の確立

チャールズ・グッドイヤーがこのゴム技術を特許取得する1844年から遡ること2年前、グッドイヤーの代理人を通してイギリスのトーマス・ハンコックの手に、天然ゴムのサンプルが渡ります。

画像出典:

plastiquarian.com

ハンコックは硫黄などの添加物がゴムの耐久性や耐熱性を底上げする事象を体系化し、その製法を確立します。

-ゴム引きコートの発明

なお、トーマス・ハンコックはチャールズ・マッキントッシュと共に、コートの名門ブランド「マッキントッシュ」を設立していました。

1843年にマッキントッシュが死去すると、コートに硫黄ゴムを流し込みレインコートに応用。

これが今日においても同ブランドで毎シーズン展開され人気を呼ぶ名作「ゴム引きコート」の原型となりました。

画像出典:

www.mackintosh-london.com

硫黄を天然ゴムに混ぜ込むこの製法は、ハンコックの友人ウィリアム・ブロッケドンの提案で「バルカナイゼイション(VULCANIZATION)」と名付けられました。

-バルカナイズド製法のその後

余談ですが、オフホワイトとコラボし近年のナイキを代表する名作シリーズとして名高い「The Ten」コレクションでは、ナイキの歴史に残る10型のスニーカーをオフホワイトのデザイナー、バージル・アブローがリメイクし話題を呼びました。

そんなThe Tenコレクションでは、ナイキの子会社であるコンバース社からも、名作スニーカー「チャックテイラー」がフィーチャーされていました。

コレクションでヴァージル・アブローはチャックテイラーをスケルトン素材で構築し、現代においてもコンバースのシューズを支えるバルカナイズド製法に敬意を評し、ラバーソール部分にオフホワイトのトレードマークである引用符と共に“VULCANIZED”とプリントしたシューズを発表しました。

画像出典:

streetfashionpress.com

■コンバース社の創業と成長

-コンバース社の創業

ローマ神話に登場する火の神「バルカン(Vulcan)」から取ったこの製法は、その後約60年の時を経てシューズの製作に利用されるようになります。

1908年、アメリカ北部のマサチューセッツ州モールデンでコンバース社が創業します。
創業者マーキス・ミルズ・コンバースは降雪量が多いマサチューセッツ州の気候にあったシューズの製作にあたってバルカナイズ製法に着目。

画像出典:

historiasdegrande

雨や雪をものともしないコンバースのラバーシューズはたちまち人気を呼び、会社はあっという間に急成長を遂げます。

-バスケットボールへの着目とオールスターの誕生

マーキス・ミルズ・コンバースは、次の成長戦略として、当時マイナースポーツとして一定の認知を持っていたバスケットボールに目をつけます。

バスケットボールの誕生は1891年。
体育教育者だったジェームズ・ネイスミスがコンバース社の近くにあったスプリングフィールド大学(旧YMCA校)における、室内競技として考案したのが始まりと言われています。

一定の認知はあったもののマイナースポーツの域を出なかったバスケットボールに着目したマーキス・ミルズ・コンバースは工場に巨額の投資を行い、バスケットボールシューズ用の生産ラインを構築、コンバースを代表する名作スニーカー「キャンバス・オールスター」を1917年に発表します。

画像出典:

graduatestore.fr

ブーツを思わせるようなスリムなシルエットにキャンバス地とバルカナイズ製法のゴムソールを施したこのバスケットボールシューズは、永遠の名作として、当時の製法からほとんど手を加えられることもなく、今日においても人々の足元を飾っています。

画像出典:

shop.converse.co.jp

-チャック・テイラーとコンバース

インディアナ州コロンバス高校のバスケットボールチームのキャプテンだったチャック・テイラーは、オールスターの愛用者の一人でした。

シューズの性能に惚れ込んだテイラーはバスケットボールプロチームのスター選手として活躍する傍ら、1921年にコンバース社とアドバイザリー兼セールスマンとして契約。

画像出典:

jorgeerm.blogspot.com

全米の高校や大学をまわりオールスターの普及に尽力します。
こうしたチャックの普及活動によりコンバースはバスケットボールシューズのトップ企業として認知を得ます。

1936年にはじめてオリンピックの正式種目にバスケットボールが追加された時も、選手らの足元を飾った靴の多くはオールスターでした。

そして戦後間もない1946年、現在のNBA (National Basketball Association)の前身であるBBA (Basketball Association of America)が発足されると、テイラーの功績を称え、コンバース社はロゴマークを一新。

そのロゴの中にチャック・テイラーの筆記体サインを加えています。
合わせてオールスターのカカトのパッチ部分にもチャック・テイラーの文字を入れ、これが今日におけるシューズモデル「チャック・テイラー」の原型となっています。

現在コンバース社が提供するスニーカー「チャック・テイラー」は、ヒールパッチの色やソールの厚さなどの小さな差異を除きオールスターとほぼ同じシルエットをしており、オールスターと合わせて広く流通しています。

-ジャック・パーセルの誕生

1936年のベルリンオリンピックでアメリカのバスケットボールチームがオールスターを着用して優勝を果たしていたその頃、オールスターと並びコンバースを代表するスニーカー「ジャック・パーセル」の原型も産声を上げていました。

カナダ出身の伝説的なバドミントン選手、ジョン・エドワード・ジャック・パーセルは全米大手ゴムメーカー「B.F.グッドリッチ社」にバドミントンの激しい横運動に耐えうるグリップ力を持ったシューズの開発を依頼。

1935年に誕生したB.F.グッドリッチ社製のシューズ「ジャック・パーセル」は、ヒールラベルはそのデザインから“ヒゲ”の愛称で親しまれ、またトゥ部分のラインは微笑んでいる口元のように見えるため”スマイル”とも呼ばれ、愛されました。

シンプルで洗練されたデザインは今日においてもほとんど変更が加えられず、今尚根強い人気を誇っています。

画像出典:

shop.converse.co.jp

1972年にはグッドリッチ社のシューズ部門がコンバース社に吸収され、以降コンバースの定番スニーカーとして広く認知されています。

-ワンスターとスター&バーズ

1969年、コンバースの歴史の中で初めてスムースレザーのバスケットボールシューズが登場します。

シューレースホールからソールに向かって斜めに入った2本のラインが星マークを挟んだデザインが特徴のスター&バーズは、当時のバスケットボールチームのカラーに合わせやすいよう7色で展開し登場。

画像出典:

shop.converse.co.jp

その後1973年に生産が終了すると、後継モデルとして2本のラインが省略された「ワンスター」が翌1974年に発売されます。

シンプルで使いやすいデザインもさることながら、コストの問題で生産がわずか2年で終了したことで希少性が増し、名機として後世まで語り継がれています。

画像出典:

shop.converse.co.jp

なお、再販の声に押され1984年に日本製のものが復刻、その後も復刻を何度か行い、現在はレギュラーラインとして広く流通、販売しております。

■さいごに

今回の記事ではコンバースの黎明期の歴史をオールスターやワンスターなどの名作モデルと共にご紹介しましたが、ナイキとの関係や紹介しきれなかった名作モデルなども、まだまだ語り足りない部分が数多く残っています。

オールスターの誕生から100年以上が経ち、その間スニーカーというプロダクトは数々のブランド、メーカーから発表されてきました。

しかし、2020年現在、街を出歩くと当時のデザイン、製法からほとんど変わらないコンバースのシューズをそこかしこで見かけることができるはずです。

ぜひ、本記事を踏まえて、時を超えても愛され続けるコンバースの完成され尽くしたデザインに今一度目を向けていただければ幸いです。

関連記事

  1. シュプリーム2020年FWのキャップやビーニーを今買うならこれ!…
  2. シュプリームはなぜ高い?大人気ストリートブランドの疑問を3つの理…
  3. 初めてのSNKRS抽選でまさかのオフホワイトAJ4当選?!気をつ…
  4. Supremeの人気を支える5つの理由!なぜここまで人気なのか徹…
  5. シュプリームとルイ・ヴィトンのコラボは何故凄かったのか?両者の歴…
  6. 「Palace Skateboards(パレス スケートボード)…
  7. シュプリーム2021年SSシーズンWeek 17アイテムの徹底解…
  8. アディダスを愛していたマイケル・ジョーダンは何故ナイキと契約した…

おすすめ記事

最速レビュー!シュプリーム2020FWシーズン!編集部おすすめのアイテム20選! バレンシアガとはどんなブランド?ストリートを席巻するメゾンブランドの歴史 【初心者必見!】国内のシュプリーム店舗一覧!東京・名古屋・大阪・福岡の各店舗をご紹介! 近年のラグジュアリーブランドがロゴを前面に押し出す理由とは?

最新記事

バーチャルスニーカーとは?!スニーカー世界を変える「NFT」とは?! まさにハイプ! ナイキやシュプリームなどルイヴィトンが誇るベストコラボレーション5選! MARNI (マルニ) ×UNIQLO(ユニクロ)コラボのメンズマストバイはこの7点! 編集部おすすめアイテムを徹底解説! シュプリーム2022年SSシーズンWeek 13アイテムの徹底解説! リックオウエンスとはどんなブランド?人気の理由や着用している有名人まで徹底紹介!
PAGE TOP